Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

Kazumasa Sakurai Is an Imaginative Challenger

Partner & Managing Director, Tokyo

At BCG, Challengers go against expected thinking and inspire their teams to be truly innovative. Kazumasa connects the dots to see the bigger picture.

クライアントのために、クライアントともに、自らが進化する

Kazumasa

In Kazumasa Sakurai’s Words

新卒でBCGに入社し、15年以上もコンサルティングという仕事を続けています。その間、私のモチベーションの源泉は、いつもクライアントでした。

若手の頃は、とにかくクライアントに、「あっ!」、「なるほど」と言っていただくことが自分の喜びでした。そのために、気の利いた分析やクライアントが知らないような情報・事例を提示することに血眼になっていました。

プロジェクトマネジャーの頃は、チームとしてクライアントの信頼・期待に応えることが喜びに変わりました。自分ひとりだけではなく、チームとしてのパフォーマンスを最大化することを考え抜きました。その結果、クライアントの理解・信頼が深まり、もう一段大きな成果を挙げるという好循環を目指していました。

パートナーになった今のチャレンジは、クライアントの期待を超える・先回りすることです。クライアントよりも先にクライアントの将来にとって重要な課題や機会を考え、その解決に必要な知見・経験を有するチームをグローバルから組成する、こういったプロセスを通じて、クライアントの進化・成長に貢献する。これが現在の私にとってのBCGの醍醐味です。

About Kazumasa Sakurai

東京大学文学部卒業後、BCGに入社。

Q&A

Q: なぜBCGで働くことを決めたのですか。

A: もともと私の夢は、新聞社やテレビ局で事件報道に携わることでした。そのために、就職活動を名目に様々な企業の方々とお会いさせていただく中で、BCGとも出会いました。軽い出来心で訪問したBCGは、私にとって目がキラキラと輝いている大人がたくさんいる会社でした。その結果、さんざん悩んだ末にマスコミの夢をあきらめ、当初は全く志望していなかったBCGに入社することを決めました。自分にとって大きな決断でしたが、今でも全く後悔していません。

Q: BCG1年目に学んだことは何ですか。

A: 1年目は私にとってもがき続けた1年間でした。優秀な同期や先輩に囲まれ、自分の力不足を痛感し、焦ったり強がったりすることばかりでした。そうやって苦しんだ中でたどり着いたのは、「クライアントのために、チームのために、自分がやれることを何でもやる。それが、自分の成長・進化を実現する」ということでした。そう確信できてからは迷いがなくなり、コンサルティングという仕事が楽しくなりました。

Q: プライベートはどのように過ごしていますか。

A: 釣りを趣味にしています。潮風が吹く海や、マイナスイオンに囲まれた山で、姿の見えない水中の魚に思いを巡らせる。そうした魚との駆け引きを繰り返した末にターゲットの魚を釣り上げるのは、たまらない瞬間です。時には一人で出かけることもありますが、この醍醐味を大切な家族や友人と共に一緒に味わうのは、私にとっての至上のひと時です。

Previous Page