Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

Takashi Horiuchi Is a Transformative Visionary

Principal, Tokyo

At BCG, Visionaries navigate complexity with ease. They use their insight and intuition to identify the solutions that will create lasting impact. Takashi seeks a new perspective.

「ロジック×情熱」で世の中にインパクトを与える

Takashi

In Takashi Horiuchi’s Words

「入社1年目の新人であっても、10年目のベテランであっても、ロジックとクライアントへの情熱の前では平等」。

理系畑で研究に明け暮れていた私がBCGに入り、最初に衝撃を受けた言葉です。新人でも、ロジックを組み立てインサイトを導き出し、クライアントと喧々諤々の議論を重ねながら想いを1つにしてインパクトを生み出す。BCGでは経歴や年次を問わず初日からこうした動きをすることが当たり前です。

私が東日本大震災前後に携わった新規事業立ち上げプロジェクトでは、「今、世の中のために何ができるか?」と問い続け、当初の検討範囲を超えてクライアントと議論を重ねました。震災の影響による世の中の不安を定量化し、クライアントと一丸となり、最先端テクノロジーを使ったサービスを早期に立ち上げました。このサービスは広く浸透し、多くのユーザーに使われています。

ロジック×情熱でクライアントとともに、世の中を変えていく。皆さんもBCGでこうしたエキサイティングな時間を過ごしてみませんか。

About Takashi Horiuchi

京都大学工学部卒業。同大学大学院工学研究科修了の後、BCGに入社。

Q&A

Q: BCG1年目に学んだことは何ですか。

A: ビジネス経験が十分にない自分に何ができるかをひたすら考えて、がむしゃらにアクションを取ることが、成長への第一歩。スピークアップが求められる環境で、自分ならどうしたいか、何がクライアントのためになるのかを常に考えて、行動を起こすことが極めて大事だと学びました。

Q: BCGはあなたの成長や成功をどのようにサポートしてきましたか。

A: BCGでは、一人ひとりのコンサルタントについて中長期での成長についてアドバイスをくれるメンターがアサインされており、私自身もプロジェクトを超えて自身の成長に関する悩みの相談やアドバイスをもらってきました。また、海外経験を積むための社内プログラムも充実しており、入社5年目に上海オフィスに赴任する機会を得て、現地のメンバーとグローバルプロジェクトを経験してきました。

Q: なぜBCGで働くことを決めたのですか。

A: まだ自分が出会ったことのない、世界中のありとあらゆる難しいテーマが舞い込んでくる、エキサイティングな環境だと思ったからです。

Previous Page