Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

Takuma Sekiguchi Is a Dynamic Storyteller

Principal, Tokyo

At BCG, Storytellers synthesize complex information and ideas. They believe in bringing the whole team together to get a broader perspective. Takuma challenges the status quo.

多様な個が有機的に連携し、既成概念を打破

Takuma

In Takuma Sekiguchi’s Words

エネルギー業界を対象として様々な経営課題に係るプロジェクトに参画しています。

日本のエネルギー業界は、エネルギー政策の見直し、規制緩和等により業界構造が変革しつつあり、大きな転換点を迎えています。脅威と機会が背中合わせとなっている中、これまでのビジネスモデルを前提とした戦略では経営が困難になっていくことが想定される一方で、新たな成功モデルを確立する絶好のチャンスでもあります。

「答えのない課題」に立ち向かっていくことは非常にチャレンジングであり、これまでの常識にとらわれない柔軟な発想・思考が不可欠になります。BCGでは絶えずチャレンジし続け常に成長していくことが求められますが、それを通じてクライアントの成長に貢献していくことが醍醐味でもあり、BCGの存在意義でもあると考えます。

エネルギー領域のグローバルエキスパートとして世界中のスタッフと連携しながら、持てる力を最大限に発揮し、これからもクライアントの様々な経営課題に取り組んでいきたいと思います。

About Takuma Sekiguchi

京都大学法学部卒業。株式会社損害保険ジャパンを経て現在に至る。

Q&A

Q: あなたの仕事の魅力や、やりがいは何ですか。

A: 常に新たなことにチャレンジし、「何か」を変える機会が拡がっていることです。また、チャレンジした結果として世の中に大きなインパクトを与え得ることに大きなやりがいを感じます。

Q: BCGはあなたの成長や成功をどのようにサポートしてきましたか。

A: 成長する度に「次のチャレンジ」の場が常に用意され、自分の専門性を磨いてくることができました。

Q: 最も面白かったプロジェクトはどんなものですか。

A: 課題解決の提案から実行までを一貫して支援したプロジェクトです。クライアント及びBCGチームが同じベクトルに向かって汗をかき、時には意見をぶつけ合い、長期に亘って改革に取り組みました。その結果、想定以上の成果を達成できたときは、大変感慨深かったです。

Meet BCGer Profiles
Previous Page