リーン・マニュファクチュアリング

メード・イン・アメリカ 再び米国製造業が国内に回帰する理由

Michael Zinser Doug Hohner

経済性の変化が製造業の米国回帰に有利に働き始めていることを論じた"Made in America, Again"シリーズの第1弾です。

中国の賃金上昇、米国の生産性向上、ドル安などにより、北米市場向け製品のうち多くは、米国で生産した場合と中国で生産した場合とのコストの差が今後5年以内にほぼなくなると見込まれることがBCGの分析により明らかになりました。生産性を加味した上で賃金を比較すると、2010年には米国南部の41%であった中国揚子江デルタ地域の賃金は、2015年には61%へ上昇すると予測されます。

本レポートは英語版もあります.

リーン・マニュファクチュアリング