リーン・マニュファクチュアリング

メード・イン・アメリカ 再び 転換点に立つ米国製造業

製造業の生産コスト構造の変化による米国への生産移転の可能性について論じてきた「メード・イン・アメリカ。再び」シリーズ、第2弾の論考です。本稿では、中国でのコスト上昇により、米国への製造回帰が進む可能性がある7つの産業群を特定しました。これらの産業群において10~30%の生産が2020年までにアメリカに戻る可能性があります。

本稿は英文版もあります。

Globalization