22-tcm9-44574.png

グローバリゼーション(新興国)

新興国発 超優良企業: GLOBALITY

監訳:Yutaka Mizukoshi
(講談社)
 
時代は「グローバリゼーション」から、「グローバリティ」へ。「グローバリティ」とは、あらゆる国の、あらゆるプレーヤーと、あらゆるものを争う時代。資源、人材、顧客、市場、流通、パートナーシップ、技術、資本…様々なものを争う。新興国発の企業が独自のモデルで次々頭角を現し、業界を変えていく。競合企業として、あるいは顧客、パートナーとして、既存企業の前に現れる。ロールモデルになる可能性もある。
 新興国発チャレンジャー企業の強みの源泉と、グローバリティ時代の競争に勝ち抜くためのカギについて考察します。
 
主な内容
第1章 グローバリティとは何か?
第2章 TSUNAMI(津波)
第3章 コスト格差を意識する
第4章 人材を育成する
第5章 市場に深く入り込む
第6章 「ピンポインティング」をおこなう
第7章 大志を抱き、迅速に行動し、外に出ていく
第8章 創意工夫によりイノベーションを起こす
第9章 多元性を受け容れる
第10章 「あらゆる国々」の「あらゆる人々」と「あらゆるもの」を競う

Globalization