M&A・事業売却

景気後退期のM&A その利点

景気後退期にはM&Aから手を引く企業が大半ですが、プライベート・エクィティや他の事業会社との競争が好況期よりはるかに少ないことを考えれば、戦略的なM&Aには好機と考えることもできます。過去のM&Aについての統計調査からは、景気後退期のディールのほうが株主価値を創出し、より高いリターンを実現する可能性が高いという結果も出ています。調査結果を基に、景気後退期のM&Aに見られる特性と、その成否を分けるターゲットの選定について考察します。

本レポートは英語版もあります.

M&A・事業売却