Imperative-of-Diversity-Square_tcm9-226723.png

経営上の必須課題としてのダイバーシティ(2020年代の勝利をめざして)

ダイバーシティは、倫理上の課題であるだけでなく、経営上の強力な要件になっています。多様な考え方やアイデアを擁し、それを活かす組織は、イノベーション能力や予期せぬ事態に持ちこたえる能力(レジリエンス)を高めることができます。多様な人材を採用し、さまざまな人材が潜在力を十分発揮できるインクルーシブな組織をつくることが重要です。

「2020年代の勝利をめざして(Winning the '20s)」シリーズの全論考はこちら

本稿は英文版もあります

Diversity & Inclusion