コーポレート・ディベロップメント

評価ギャップを解消する

Eric Olsen

多くの企業が企業価値創造の最も大きな要因である「ファンダメンタルズ」(企業の基礎的な経済価値)の向上を実現してきましたが、企業の本来の価値を市場での評価に反映させるためには、これだけでは十分とは言えません。ファンダメンタルズの向上に加えて有効な打ち手となりうるのが、「バリュエーション・マルチプルの有効活用」と「フリー・キャシュフロー活用上の優先順位の再考」です。

本稿では投資家の期待が反映されるバリュエーション・マルチプルを左右する要因を解明し、評価ギャップを解消するための手法を、先進企業の事例を基にご紹介します。

本レポートは英語版もあります.

コーポレート・ディベロップメント