bcg-w20s-japan-book.png

BCG 次の10年で勝つ経営――企業のパーパス(存在意義)に立ち還る

次の10年、日本企業が勝者となるために経営者は何を軸に組織を牽引していけばよいでしょうか。本書は、この問いに対して経営リーダーの皆様に考える材料を提供し、思考を深める助けとしていただければと考え、執筆したものです。企業を取り巻く環境の構造変化を概観したうえで、企業目標、戦略、組織、人材の各側面から経営のパラダイムシフトについて考察します。そして、目指す姿の実現に向けて、変革を進めるための注意点と、「パーパス」を基点とした企業変革の意義と要諦について解説します。BCGのグローバルの知見・研究を反映しつつ、日本における支援経験に基づく日本企業の状況に即した考察を盛り込んでいます。

主な内容

第1章 2020年代の勝者になるために

第2章 社会的価値を重視する

第3章 新時代の競争優位性を構築する

第4章 新戦略に合った組織をつくる

第5章 人材を再定義し、進化させる

第6章 企業変革を加速させる

第7章 存在意義(パーパス)に立ち還って、次の10年を勝利する

(日本経済新聞出版)