ストラテジー・ラボ

ストラテジー・ラボは、ビジネス内外の最先端の考え方をとらえ、開発し、応用することにより、真にインパクトをもたらすビジネス・アイデアの研究・解釈を行っています。先進的な大学、外部コラボレーター、外部パートナーと協働して、将来のビジネス戦略を形成するアイデアを探求しています。

1963年のBCGの設立以来、競争優位性の源泉に関わる新しいインサイトを生み出すことは、BCGの提供価値の不可欠な要素です。

ストラテジー・ラボはこのレガシーを引き継ぎ、将来の戦略を形作ることになる動き・潮流の解明に努め、次のような根本的な問いに応えるための新しい研究を推進しています。

  • ビジネスにおける新しい現象のドライバーは何か?
  • いまだ答えの出ていない戦略課題は何か?
  • 最新の競争優位性の基盤は何か?
  • 最近の数学、コンピュータサイエンス、心理学、生物学、経済などの分野における進化から戦略に対してどんな示唆が抽出できるか?
  • 戦略の未来はどのようなものか?

活力ある企業

Fortune誌とBCGのパートナーシップにより開発された「Fortune Futureインデックス」は、急速に変化する事業環境でどの企業にも求められるもの、すなわち、新たな機会を探索し、戦略を更新し、持続的に成長する能力を有する企業を特定しています。

論考を読む(英文)

心地よさを脱し真のパーパスの議論を

もしパーパス(存在意義)についての議論が、企業活動の破壊的進化よりむしろ、現在の活動の説明に焦点を当てたものになっていたら、おそらくあまり価値を生み出してはいないでしょう。

論考を読む(英文)

ストラテジー・ラボの研究成果

ysnas-jp.jpg

『戦略にこそ「戦略」が必要だ――正しいアプローチを選び、実行する』

Martin Reeves、Knut Haanæs、Janmejaya Sinha
御立尚資、木村亮示 監訳

本書は、自社の事業環境に最適な戦略アプローチを選び、効果的に実行するための実践的な指針を提示します。さらに、多様な環境で事業を営む場合に複数の戦略アプローチを組み合わせて使いこなす手法や、変化する環境で常に最適なアプローチを選び使い分けるための、リーダーの役割についても解説します。

Nikkei Business Publications
protected by reCaptcha

BCG Henderson Institute Newsletter: Insights that are shaping business thinking.

BCGヘンダーソン研究所(BHI)

SUBSCRIBE