Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

チェンジ・マネジメント

重要な要因に焦点を合わせて優れた変革プログラムを構築する

数多くの企業が、加速し続けるビジネスのスピードに対応して変革(チェンジ)を行う必要があります。しかし、変革プログラムの50~75%は失敗に終わっています。長年かけて有効性が実証されてきたチェンジ・マネジメントの基本――リーダーシップ、従業員エンゲージメント、ガバナンス、実行の徹底を重視したアプローチ――は、今もなお必須かつ効果的です。しかしながら、もはやこれだけでは十分ではありません。今日のチェンジ・マネジメントには、さらなるリーダーシップの拡充、より迅速な行動、意思決定への従業員の巻き込み、新しい行動の浸透、が求められています。包括的な変革の取り組みの一環としてこの4つの課題に対応することで、企業は変革への適応力や変革能力を高めることができます。これはまた、変革を確実にし、重要なビジネス上の成果を達成するうえでも大いに役立ちます。

企業には、最も重要な要素に焦点をあてた包括的でシステマティックな変革アプローチが必要です。

インサイト を読む

大規模な変革の成功確率を上げるために不可欠な要素が4つあります。

ソリューション を読む

ある世界的保険会社は、トランスフォーメーションによって業績向上を実現しました。

成果 を読む

内田 康介 Kosuke Uchida

Partner & Managing Director

 お問合せ  エキスパートを探す
protected by reCaptcha

Subscribe to our Change Management eAlert.

チェンジマネジメント

SUBSCRIBE

JA