BCG社内での取り組み

BCGの研究はダイバーシティ&インクルージョンに関わる企業の課題について考察し、どうしたら組織のリーダーがこの取り組みを迅速かつ持続的に前進させられるか、について示唆を抽出しています。BCG社内では、ダイバーシティ&インクルージョンを最優先のミッションのひとつと位置づけ、種々の研究から導き出された理論を実行に移しています。

BCGのBCG社内におけるダイバーシティやインクルージョンへの取り組みがさまざまなところで評価されています。

  • Fortune 誌が、2015年に「多様性に優れた職場トップ100」リストを開始して以降、BCGは常にランクインしています。
  • BCGは、Fortune誌の「働きたい会社ベスト100」の上位5社に8年連続でランクインしています。
  • BCGは、Human Rights Campaignの 「LGBTに平等な企業」で10年連続で満点を獲得しています。
  • BCGは、 Working Mother誌における、米国の親たちにとって「最も働きたい会社ベスト100」に12回ランクインしています。 
  • 2018年、BCGは女性の成長を加速する革新的取り組みが評価され、Catalyst Awardを受賞しました。
  • Fairygodbossの「2017年女性が最も働きたい会社」で、BCGが1位に選ばれました。

BCG Awards - Our Recognition

BCGスタッフのダイバーシティ&インクルージョン推進への取り組み

Making Flexible Working Work

業界に関わらず、ダイバーシティは成功に必要な要因だと、BCGシニア・パートナーのAnt Roedigerは述べています。彼は、BCGのオーストラリアのオフィスにおけるダイバーシティ推進プログラムで大きな役割を果たしています。

To Change the C-Suite, Strengthen the Culture

BCGシニア・パートナーのMatt Krentzが、企業リーダーはどうしたら自社組織への支援を確立し、「あらゆるメンバーの志を育める組織コンテクスト」をつくりあげることができるのか、について論じています。

Four Ways to Support Dual-Career Families

BCGグローバル・ピープル・シニア・ディレクターのFrances Taplettが、企業は、「エンゲージメントや生産性を高め、人材獲得競争を有利に戦うために」共働き世帯にどんな支援ができるのか、について解説しています。

Working Harder for Dual-Career Families

BCGシニア・パートナーでCMO(最高マーケティング責任者)津坂美樹はこのLinkedin投稿で、共働き世帯が直面する課題は、「次世代の男性と女性の採用とリテンションを促進するために組織が取り組まなければならなくなる課題」だと述べています。

ダイバーシティ&インクルージョン

SUBSCRIBE