企業の社会的責任を超えて

今日の世界では企業の社会的貢献は、従来の「企業の社会的責任」という視点で考えるだけでは不十分です。企業はさらに大きな役割を担うことを求められるようになっています。そこで私たちは、「トータル・ソサイエタル・インパクト 」という考え方を開発しました。

政府・地方自治体、一般市民、従業員、投資家は、企業や民間資本が、あらゆる人々の基本的ニーズを満たすサステナブル(持続可能)でインクルーシブな(包摂的な=排除されない)経済の構築に努めているという証を求めています。

トータル・ソサイエタル・インパクト 企業戦略の新たな視点

企業の将来

良い行いの実践によって成功を収めることは夢物語ではなく、その戦略的な意味合いはこれまで以上に重要になっています。

詳しくはこちら(英文)

このような流れに対応して、BCGは民間企業が社会貢献を企業・事業戦略の不可欠な要素として組み込むための支援を行っています。企業のTSI(トータル・ソサイエタル・インパクト)の向上という目標は、将来のビジネスの成功に向けて、TSR(株主総利回り)などの従来の財務指標と同じくらい重要だとBCGは考えています。

トータル・ソサイエタル・インパクト(TSI) とは、一企業が世界におよぼす様々なポジティブおよびネガティブな経済的・社会的・環境的影響の評価の集積です。TSIには、企業の社会的責任、サステナビリティ、慈善活動などの従来の取り組みを超えて、企業の製品、サービス、業務がおよぼす影響が含まれます。主眼は、企業のアセット、経営資源、人材をフルに動員し、世界のきわめて大きな課題に対し包括的で体系的な解決策を提供するビジネス・イノベーションを実現することにあります。

社会的変革に向けたイノベーション

社会的イノベーションというと、多くの人はまず公共機関やソーシャルセクターによる取り組みを思い浮かべるでしょう。しかし、社会的イノベーションは、企業が参画する場合も大きな効果を生み出せます。 

民間企業は、リソースの共有、公共機関・ソーシャルセクター・民間企業との協働、SDGs達成に向けた取り組みへの既存ビジネスモデルの活用、社会的企業の創造などにより、社会的イノベーションにおけるきわめて重要な役割を果たすことができます。

社会的イノベーションについて詳しくはこちら(英文)

トータル・ソサイエタル・インパクト(TSI)に関するBCGの主な論考

Shalini Unnikrishnanが語る「ルワンダの現場で」

Shalini Unnikrishnanが語る「ルワンダの現場で」

The Business Benefits of Doing Good

How Conscious Investors Can Turn up the Heat and Make Companies Change

The Private Sector's Role in Humanitarian Crises

Meet Some of BCG's Experts in Total Societal Impact

  • Leads BCG's total societal impact and sustainability topic globally
  • Organizational transformation and large-scale change
  • Emergency response and humanitarian action
  • Impact investing
  • Social impact
  • Sustainable finance and investing
  • Total societal impact
  • Sustainability
  • Social impact
  • Humanitarian crisis response and pandemics
  • Public-private partnerships
  • Economic development
  • Corporate vision, objectives, and portfolio strategy
  • Diversification and premium conglomerates
  • Industry landscaping
  • Shareholder value
社会貢献活動

SUBSCRIBE