Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

トランスフォーメーション:選択肢ではなく必須課題

今日のグローバル市場においては、業界で最強の企業であっても成功をおさめられるとは限りません。ますます複雑化する事業環境で戦うために、企業にはしっかりしたトランスフォーメーション戦略が求められます。

企業トランスフォーメーションについての真実

トランスフォーメーション(構造改革)の設計・実行に関する詳細な研究は驚くほどわずかしかありません。しかし、BCGの分析により、ビジネスリーダーが成功の確率を高めるために役立ついくつかの要因が明らかになっています。MIT Sloan Management Reviewの記事で、有効な要因と有効ではない要因についてBCGが検証しています。

MIT Sloan Management Reviewの記事を読む(英文)

一見うまくいっていても、再創造していく

企業の利益と投資の水準にはズレがあります。ボラティリティが高まるなかで将来への投資が急務となっているにもかかわらず、投資の水準は低いままです。最近CEOが交代する企業が多く見られますが、そこからは重要なメッセージを読み取ることができます。現在の事業運営がうまくいっているように見えても、企業リーダーは自社の業界の大きな変化を過小評価していてはいけません。

BCGトランスフォーメーション・プラクティスのグローバルリーダーLarsFaesteのLinkedin投稿を読む(英文)

Transformation in Japan

BCG経営コンセプト 構造改革(イネーブルメント)編

BCGジャパン50周年を機に、今日の事業環境で特に重要性が増しているテーマを選び、「市場創造編」「構造改革編」の2冊に分けてBCGの最新の経営手法をまとめました。「市場創造編」では非連続な成長を実現するための手法を、「構造改革編」ではそれを実現する組織体に変革していくための手法を取り上げ、事例をまじえ解説します。

詳細はこちら

トランスフォーメーションという必須課題

Lars Fæste - トランスフォーメーションという必須課題

トランスフォーメーションという必須課題

ジム・ヘマリング - 絶え間ない変化の時代に組織を導く5つの方法

絶え間ない変化の時代に組織を導く5つの方法

トランスフォーメーションでは戦略的方向性とその理由を共有することが極めて重要

トランスフォーメーションでは戦略的方向性とその理由を共有することが極めて重要

Lars Fæste

トランスフォーメーションという必須課題

トランスフォーメーション

SUBSCRIBE

JA