Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

面接準備と模擬ケース

BCGの面接はお互いをよく知るための対話のプロセスです。

BCGの面接はお互いをよく知るための対話のプロセスです。

面接プロセス&​​​​​​​とTips

前提として、当社の面接プロセスは、地域によって異なりますが通常2回以上の選考(面接や筆記試験等)が行われます。面接は基本的に次の3つのパートに分かれます。

自己紹介

BCGのどの領域で活躍いただけるかを判断するために、あなたのバックグラウンドや今までの経験についてお聞きします。どんな分野でもよいので、あなたが今までにリーダーシップを発揮したり、影響力を及ぼした経験について聞かせてください。

ケースインタビュー

BCGのコンサルティングスタッフによる「ケースインタビュー」では、ケーススタディを分析し、クライアントが直面する課題に対する解決策を策定してもらいます。通常このケースは実際のプロジェクトに基づいています。そのためBCGで働くとは実際にはどのようなことなのかを疑似体験することができます。ほとんどの場合、「正しい答え」や「間違った答え」というものはなく、面接官は思考プロセス、戦略的アプローチ、説得力のある解決策を提示する能力を見ています。

質疑応答

面接官の個人的経験も含めて、BCGでのキャリアに関して質問する機会もあるので、準備して臨んでください。面接官は、あなたの傾聴力や効果的にコミュニケーションを取る力、積極的かつ説得力をもってプレゼンテーションする力を見ています。それは、BCGが知的好奇心や創造的思考力を重視しているからです。一方で、時には同じプロジェクトチームで時間を共に過ごす仲間として、人間性を理解し合う目的もあります。自然体で、お互いの理解を深めて頂くことが一番です。

BCGの面接プロセス

BCGでの面接

BCGでの面接

第一印象

面接官

面接プロセス

面接プロセスで驚いたことは何ですか?

面接に向けてどのような準備が必要ですか?

ケース面接に向けてどのような準備が必要ですか?

間違えた時

Q&Aへの準備は必要ですか?

面接当日

面接ではどのような点を見ていますか?

面接プロセスからBCGのどのような部分を垣間見れますか?

フィードバックはどのようにされますか?

BCGが自分に適した場だと思ったのはいつでしたか?

どのように意思決定されるのですか?

オファーを受けた時は、どこにいましたか?

現在、BCGでどのような仕事をしていますか?

ケースインタビューのTips

面接官に質問する

面接官はまずケースの概要を説明しますので、ケースを正確に理解するために必要な質問をしてください。また、面接官はケースを通じてさまざまなアドバイスをしますので、遠慮せずにメモを取ってください。 

理解が曖昧なまま分析に入らない

面接官は、思考が整理できるように議論を進めますので、遠慮せずに質問して自分の理解を確認してください。

課題の構造化と、課題解決の枠組みを意識する

ケースの全体像を把握したら、課題を論理的に構造化し、課題解決の枠組みを設定してください。それにより、課題解決のステップと必要な分析が明らかになります。

優先順位を考える

複数の論点がある場合、クライアントにとってインパクトが大きいものにフォーカスしてください。その際は、優先順位の理由も説明してください。

考えてから話す

すぐに結論に至らずに、思考を整理してから話してください。

課題解決の仮説を立てる際にクリエイティビティを意識する

課題の解決法を考えるにあたり、ビジネスのルールやこれまでの業界構造を変えるような革新性が重要です。

定型の枠組みにとらわれない

ビジネス書にあるような枠組みは、必ずしも適切ではない場合もあります。

実際のビジネスにおけるリアリティを考慮する

ケースでは、限定的な情報しか提供しません。限られた情報をベースに、実際のビジネスでの実現性を意識してケースに取り組んでください。

素早く正確に計算する

ケースでは、計算を求められることがあります。ここでは計算能力よりも、数字を使って効果的に思考をまとめ、意思決定することを意識してください。

複数の考えを統合し、分析から結論を引き出す

最後に、自分なりに導き出した仮説と選択肢をまとめ、クライアントの課題に対して、解決策を提示してください。

答えがはっきりしなくてもうろたえない

ケースに正解はなく、面接官は、どのように課題解決にアプローチするかを見ているので、自分の思考プロセスをディスカッションするようにしてください。

自分の考えに拘らない

面接官が異なる意見や疑問点を提示した場合、自分の考えに拘りすぎないでください。面接官は、思考が深まるよう新たな視点を提示していきますので、それに応じて自分の発想を見直してみてください。

一人で考えない

ケースインタビューでは、面接官との対話が重要です。自分のロジックや思考プロセスをコミュニケーションすることを意識してください。

ケース情報を外に流したり、事前知識を用いたりしない

ケース面接の内容やデータを頻繁に見直し、皆さんをお迎えしています。聞き覚えのある課題でも同じアプローチでうまく解決できるとは限りません。自身の思考や視点で解決に導いてください。

自然体でケースインタビューを楽しむ

面接官とのディスカッションに知的なおもしろさを感じることができれば、BCGの仕事も楽しんでいただけることでしょう。

模擬ケース

架空のクライアントの課題を題材に、「BCGの戦略コンサルティングでは、どのようにクライアントの課題を解決していくのか?」をご紹介します。BCG Interactive Case Libraryからケースを選んでください。どのようにして航空会社の収益性を高め、長期的に確保しますか? 画期的な新薬の販売戦略、価格設定にはどういったアドバイスがよいでしょうか?

ガイド付き模擬ケース

上記の模擬ケースの補足として、こちらにガイド付き模擬ケースも用意しました。それぞれのケースの内容を読み、提示された課題をあなたならどう解決するか考えた後、BCGの提案内容を読んでみてください。これらのサンプルディスカッションはあくまで解説用です。実際の面接の時間内ですべての課題をこなせるとは限りません。

Consulting

SUBSCRIBE

JA