自社独自のデジタル課題に取り組む

デジタルテクノロジーが事業のあらゆる側面に変化をもたらしています。しかし、その変化に即応するためにすぐに使えるソリューションが一式そろっているというわけではありません。DigitalBCGの取り組みは、短期間に価値を実現するとともに、デジタル・トランスフォーメーションを持続させるために必要な組織能力、プロセス、マインドセットを構築できるよう設計されています。その結果、クイック・ウィン(早期の成功)によりオペレーション・モデルが改善され、それにより事業全体にわたる広範なトランスフォーメーションのための資金が創出でき、アジャイルな「セルフファンド・ジャーニー(自己資金による旅)」が実現します。

デジタルの未来の構築に着手するには、デジタル・ダイナミクスが事業戦略にもたらす影響を再考し、もっとも大きなインパクトをもたらす可能性が高いプロジェクトを特定する必要があります。特定したプロジェクトの実行には、新たな組織能力と新しい働き方を速いスピードで拡大することが求められます。テクノロジーやデータ、AIのパワーにより全社的展開を加速できます。DigitalBCGの主力デジタル・プログラムにはデジタル・トランスフォーメーションを迅速に軌道に乗せる戦術的手法がそろっています。

自社事業のデジタル領域の優先課題を設定する

成功する旅は計画から始まります。BCGデジタル・アクセラレーション・インデックス(DAI)を使って企業は自社のデジタル成熟度を最高クラスのデジタル先進企業と比較してベンチマークすることができます。BCGのデジタル戦略ロードマップは、外部の状況を把握した上で、自社の強みを生かして高い価値を生み出すデジタル施策のショートリストを作成します。また、企業のデジタル戦略を実現するために必要なトランスフォーメーション・プラン、説明責任、指標を提示します。

中核事業をデジタル化する

BCGは、デジタルテクノロジーやアナリティクスの進化を活用して、経営幹部が組織を再構築し、中核事業の新たな価値の源泉を創りあげるお手伝いをします。

インキュベーション、イノベーション、成長

デジタルの未来を創造するためのあらゆる戦略では、既存事業の先を見通してディスラプション(破壊)を予測する必要があります。BCGはBCG Digital Venturesを通じて、クライアントとの協働により、新たな収益源を創造し、これに投資します。

新しい働き方とエコシステムを取り入れる

デジタルはテクノロジーだけに限られた話ではありません。組織内に広範にデジタルを拡大するためには、カルチャーを変革し、コラボレーション・ネットワークを自ら構築するか既存ネットワークに参加する必要があります。BCGは、アジャイルな働き方の広範な組織への導入(Agile at Scale)やビルド・オペレート・トランスファー(BOT)手法などにより、デジタルのベストプラクティスとデジタル時代に適した働き方を企業のカルチャーに組み込みます。私たちはまた、企業がデジタル・エコシステムを効果的に立ち上げてマネジメントするか、既存のデジタル・エコシステムに参加することにより、コラボレーションを推進できるよう支援します。

データとテクノロジーのパワーを活用する

データサイエンス、AI、テクノロジーの進歩により大規模なデータ収集とデジタル対応のテクノロジー機能が実現可能になりますが、そこから価値を引き出すことは容易ではありません。価値を引き出すには、事業の本格的なトランスフォーメーションが求められます。BCGがこのトランスフォーメーションに伴走しお手伝いします。将来の成功に向けたステージを策定するとともに、データの効果的な活用のしかたや、短期間に価値を創出できるテクノロジー・プラットフォームの適応の方法などを提示します。

DigitalBCG

SUBSCRIBE