Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

ビッグデータへの取り組みを成功に導く要因

ビッグデータが脚光を浴び、多くの組織で次のような疑問が生じています。「ビッグデータは我社の事業に大きな価値をもたらすか、それとも誇大宣伝か?」 「価値を生むビッグデータ・プログラムと生まないプログラムとの違いはどこにあるか?」 「ビッグデータによってどれほどの価値が実現するか?」。こうした疑問に対して驚くような答えが出ています。

BCGはAmazonと組んでビッグデータを利用するメリットを定量化しました。この調査では、5つの業界の167社の企業を対象に、リーダー企業とその他の企業の違いを分析し、どうやってリーダー企業がビッグデータ・アナリティクスから競争優位性を獲得しているかを探求しました。  

調査の結果、ビッグデータにおけるリーダー企業は、アナリティクスを十分活用していない企業よりも、ビッグデータから平均12%高い売上を生み出していることがわかりました。また、リーダー企業はその他の企業より成長率が高く、イノベーションの能力も高いという結果が出ました。

勝者はどうやってビッグデータで成功をおさめているのか

リーダー企業に優位性をもたらす要因

  • データ リーダー企業は目標達成のために必要なデータを入手する手段を探し求めます。他社とのデータの格差に気を奪われたり、利用可能なすべてのデータにどうしたらアクセスできるかにこだわったりすることなく、特定した問題や課題の解決に必要なデータに焦点を絞ります。
  • ビジョン リーダー企業は、長い時間をかけて、ビッグデータの使い方や自社にとっての価値への理解を深めています。そして、ビッグデータ・プログラムで何を達成しようとしているのかを理解したうえで、このビジョンを実現するための詳細なオペレーションプランを作成しています。
  • ツールとインサイト ビッグデータ活用はテクノロジーにより実現するものであり、リーダー企業は適切なテクノロジー・プラットフォームを採り入れることと、テクノロジーに関わる適切な意思決定に必要な分析経験を得ることに注力しています。
  • 実行 インサイトは実際に使われなければ価値はありません。ビッグデータで成功する企業はインサイトを実践的に活用する習慣を身につけ、必要に応じてビジネスプロセスを変更しています。こうした企業は事業環境を学習実験室のようにとらえ、自分たちのインサイトが見出した変化に適応します。また、プログラムを軌道に乗せるための効果的なガバナンスモデルを用意しています。

トラスト・ギャップを埋める: データの誤用と監督管理に関する消費者・企業調査結果

BCGは、米国と欧州上位5カ国の8,000人を超える消費者を対象としたビッグデータとトラストに関する調査、および、8つの業界の世界140社のデータの監督管理に関する調査を行いました。

詳細はこちら(英文)

ビジネスとしてビッグデータから利益を得る7つの方法

ビッグデータの事業化には代表的なビジネスモデルがいくつかあり、そのいずれにも固有の長所と短所があります。

詳細はこちら(英文)

ビッグデータ神話を暴く

ビッグデータはその定義から、もたらす機会に至るまで、誤解されている部分が多くあります。その神話と現実との違いを少し見てみましょう。

詳細はこちら(英文)
ビッグデータ

JA