Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

2020年代に勝利をおさめるための5つの柱


今後、この5つの領域に関わる論考を順次、掲載していきます。

新しい競争ロジックをマスターする

業界の境界があいまいになり、製品や企業の寿命が短くなり、テクノロジーの急速な進化がディスラプションをもたらす世界では、伝統的な戦略だけでは不十分です。ビジネスのゲームは新たな時代に移行しています。この新しい時代には、「ラーニング(学習)」、「レジリエンス(回復力)」、「想像」、そして、「エコシステムを活用し、リアルとデジタルの世界の橋渡しをする能力」を軸に企業間の競争が繰り広げられます。

将来の企業を設計する

多くの組織はゆっくり動きます。これからの時代の競争には、競合企業に先駆けて新しいインサイトを学び、それに基づいて行動するために、組織の迅速な動きが求められます。もちろん、テクノロジーがその助けとなりますが、テクノロジーの潜在的可能性を実現し、AIと人間の能力のもっとも強力な組み合わせをつくり出すには、新たなタイプの企業が求められます。

組織変革の科学を適用する

大規模な変革の取り組みの多くが失敗に終わっています。それでもなぜ変革に取り組むのでしょうか。それは、現状にとどまるという選択肢はないからです。実際、企業には好調に進んでいるときでさえ変革が求められ、何度も繰り返し活用できるトランスフォーメーション・ツールが必要です。幸い、組織変革には、何が有効で、何がうまくいかなかったか、についての実証結果が山のようにあります。

経営上の必須課題としてダイバーシティを推進する

ダイバーシティは道徳上の責務であるだけではありません。さまざまな側面での従業員の多様性を高め、新しい考え方を喜んで受け入れる環境をつくりあげる企業は、イノベーション能力や予期せぬ事態に持ちこたえる能力を向上できます。

社会的価値と事業価値の両面で最適化する

まったく孤立した状態で存続できる企業はありません。組織は、所属する社会、政治、環境と持続的な関係性を構築できてはじめて長期的に繁栄できます。企業への信頼がゆらぎ、政治的不確実性が高まり、気候変動がさらに差し迫った問題となるなかで、企業は経済的価値とともに社会的価値も創造することでソリューションに参画しなければなりません。

protected by reCaptcha

Subscribe to our Featured Insights newsletter.

Winning the ’20s

SUBSCRIBE

JA