Go-to-Market_Revolution_600x600_tcm9-81261.jpg

マーケティング・セールス

Go-to-Marketアプローチの革新で成長の波に乗る

“Go-to-Market”とは、広義のマーケティング・営業のあらゆる要素を統合した概念です。先進企業は、3つの大きな潮流―(1)テクノロジーの進化、(2)(1)を背景とした顧客行動の変化、(3)新興国における環境変化の加速化―をチャンスととらえて、営業、マーケティング、プライシング、ブランディング、顧客インサイトといった“Go-to-Market”機能を根本的に変革しています。こうした企業は、早期に得られたリターンをより大規模な中期的変革に投資して、さらなる価値創出や組織能力構築を図ることで、持続的成長を追求します。

本稿は英文版もあります。

Globalization