Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

なぜメディケア・アドバンテージは米国の医療機関にとって絶好の機会となり得るのか

米国の医療機関にとって、メディケア・アドバンテージ・ヘルス・プランへの参入は、もはや単なる多角化戦略ではありません。成長を加速する道筋であり、独自の競争優位性をもたらすアセットを活用する方法であり、変化する市場に適応し組織の未来を守る重要な戦略なのです。

詳細はこちら(英文)

一番近い病院が一番良いとは限らない

病院のアウトカムの包括的調査により、米国の病院のパフォーマンスには、患者の人口統計的特性や入院時の健康状態などのさまざまな要因では説明できない大きなばらつきがあることが明らかになりました。この結果は、医療改革はコスト主眼ではなく、アウトカムの透明性向上を推し進めるものでなければならないということを示しています。アウトカムを測定し改善していくことがイノベーションと競争を促進し、ヘルスケア全体の質の向上につながるのです。

詳細はこちら(英文)

医師はお互いからもっと学びあうことができる

自身も医師免許を持つBCGストックホルム事務所のステファン・ラーソンは、医師が自分の治療成績を測定し、他の医師と共有することで、どの治療法や技術が最も効果的であるかを検討することの効用に注目しています。このTEDトークでラーソンは、治療成果を測定し、結果を共有した場合に、どのように医療の質が向上し、効率が改善されるかについて語っています。

Stefan Larsson TED Talk: What Doctors Can Learn from Each Other

バリュー・ベース・ホスピタル(患者価値に基づいた病院)を構築するための6つのステップ

患者にとって意味のある治療成績(アウトカム)を改善することにフォーカスした、バリュー・ベース・ホスピタルは、コスト効率を改善する一方で、地域における競争優位性をも向上することに成功しています。

詳細はこちら(英文)

Healthcare Payers & Providers in Japan

BCG流 病院経営戦略: DPC時代の医療機関経営

日本赤十字社の協力の下、医療現場の経営改善に向けて行った実証的研究を基に、医療の質と生産性を向上させる病院経営戦略の考え方と実践的手法について解説します。さらに、製薬・医療機器企業への示唆や、患者価値を向上させる視点から医療政策への示唆についても考察します。

詳細はこちら

アカウンタブル・ケア(治療成果に責任を持つ医療)の実現に向けて

医療費の増大は、日本のみならずグローバルな課題になっています。医療システム改革にいち早く取り組んでいる国々では、アカウンタブル・ケアという仕組みが台頭しつつあります。これは、患者にとって重要なアウトカムと医療機関への報酬を連動させるモデルです。

詳細はこちら(英文)

包括支払い制度の価値

バリュー・ベース包括支払い制度(ある疾患の治療に必要となる全ての診療プロセスを包括価格にすること)は、医療機関がアウトカム向上に切磋琢磨するインセンティブを与える上で有力な手段となりえます。

詳細はこちら(英文)
protected by reCaptcha

Subscribe to our Health Care Payers & Providers eAlert.

医療機関・保険者

SUBSCRIBE

JA