Self-Driving Vehicles, Robo-Taxis, and the Urban Mobility Revolution

10 カ国の消費者、58%が完全自動運転車への乗車意向示す: 日本では36%~BCG・世界経済フォーラム共同調査

「ロボタクシー」積極活用により、都市の自動車の数がほぼ半減するシナリオも

ボストン発、2016 年7 月21 日 ―― 経営コンサルティングファームのボストン コンサルティング グループ(以下、BCG)は、世界経済フォーラム(WEF)と共同で、自動運転車が都市モビリティをどう変化させるか、に焦点をあてた調査レポート「Self-Driving Vehicles, Robo-Taxis, and the Urban Mobility Revolution」を発表しました。本レポートでは、10 カ国において5,500 人以上を対象に行った消費者調査や12 都市の25 人の政策担当者へのインタビューから得た示唆に加え、BCG とWEF が作成した都市モビリティの未来に関する4 つのシナリオを掲載しています。

プレスリリース全文はこちら(PDFが開きます)

調査レポート日本語版はこちら

ボストン コンサルティング グループ(BCG)

BCGは、ビジネスや社会のリーダーとともに戦略課題の解決や成長機会の実現に取り組んでいます。BCGは1963年に戦略コンサルティングのパイオニアとして創設されました。今日私たちは、クライアントとの緊密な協働を通じてすべてのステークホルダーに利益をもたらすことをめざす変革アプローチにより、組織力の向上、持続的な競争優位性構築、社会への貢献を後押ししています。

BCGのグローバルで多様性に富むチームは、産業や経営トピックに関する深い専門知識と、現状を問い直し企業変革を促進するためのさまざまな洞察を基にクライアントを支援しています。最先端のマネジメントコンサルティング、テクノロジーとデザイン、デジタルベンチャーなどの機能によりソリューションを提供します。経営トップから現場に至るまで、BCGならではの協働を通じ、組織に大きなインパクトを生み出すとともにより良き社会をつくるお手伝いをしています。

日本では、1966年に世界第2の拠点として東京に、2003年に名古屋、2020年に大阪、京都、2022年には福岡にオフィスを設立しました。

Press Releases