COP26のコンサルタンシー・パートナーとして

世界のCO2排出量を迅速に削減し、温暖化に適応するためには、企業、政府、社会の協調的な取り組みが必要となります。英国グラスゴーで行われたCOP26において、BCGは唯一のコンサルタンシー・パートナーとして公共・社会・民間分野のリーダーたちとともに解決策を探りました。

On the Ground at COP26


Follow the Conversation

 

COP26:パリ協定以降で最も重要な気候変動に関する会議

現在、政府や企業にとって、気候変動対策ほど緊急性の高い課題はありません。取り返しのつかないダメージを回避し、2050年までにネットゼロを達成するなどのパリ協定の目標を達成するためには、世界の排出量を2030年までに半減させる必要があります。

サステナビリティ、環境関連のイノベーションへの取り組みに加えて、こうした改善機会にしっかり取り組む国や企業は、地球を救うために重要な役割を果たすことになります。さらに、そうした企業は市場シェアの拡大、新たなコスト効率の改善、企業価値の向上、優秀な人材の確保など、ビジネス上の優位性を生み出すでしょう。

毎年開催される締約国会議(COP)が牽引役となり、各国政府、企業、市民社会・団体による、これらの優先課題への意欲的な取り組みが推進されています。11月に英国のグラスゴーで開催されるCOP26は、2015年のパリ会議以来初めての、世界が一同に会して気候変動について議論する会議です。地球温暖化を2度を十分に下回る水準に抑えるための進捗状況を評価するとともに、官民一体となって気候変動対策を強化することを目的としています。


Group Up for Climate

私たちが単独で取り組むことのできないミッション、それが「気候変動対策」です。BCGは、さまざまな業界・分野の企業や組織に対して、地球のより良い未来を目指した持続可能なトランスフォーメーション(構造改革)をサポートすると同時に、ビジネスパフォーマンスを強化するための支援を行っています。私たちの#GroupUpForClimateの取り組みに参加してみませんか?

 

 

最近の論考


BCGの専門性を活かしたCOP26 への協力

BCGは、COP26の唯一のコンサルタンシー・パートナーとしての活動だけでなく、BCGの強みを最大限活かして、英国のCOP26気候行動ハイレベルチャンピオンであるナイジェル・トッピング氏への直接のご支援や、英国政府に対する「Race to Zero」や「Race to Resilience」などの重要な国際キャンペーンを促進しています。

これらの強みを活かし、BCGはCOP26の目標である以下の項目などをサポートしています。

  • 2050年までに世界の排出量をゼロにする:各国から、意欲的な2030年のNDC(国が決定する貢献)による排出削減目標を提示してもらうことなど
  • 地域社会と自然生息地を守るための適応策を講じる:生態系の保護と回復や、家や生活、さらには命を守るためのインフラや農業の強靭化への投資などを通じて実現する。
  • 資金を導入する:毎年少なくとも1,000億ドルの気候変動関連の資金と、民間資金において必要とされる年間3~5兆ドルの投資を解放することで、現在の水準の5〜8倍の投資を可能にする。
  • 実現に向けて協働する:パリ・ルールブックを完成させ、交渉の成功に向けマネジメントし、COP26の目標、特に石炭、再生可能エネルギー、ゼロエミッション車、自然に関する目標への協力を促進する。


私たちの気候変動への取り組み

Aerial image of a blue ocean that reflects the sky and meets a forested coastline.

BCGのネットゼロ戦略

BCGの気候変動への最大の影響は、クライアントへの支援を通じてもたらされると考えていますが、同時に、自らが行動し自社の悪影響をできるだけ早く削減しなければならないことも認識しています。BCGは2030年までに気候変動への影響をネットゼロにします。

Person standing atop an orange sand dune

サステナビリティは私たちの北極星

BCGでは、社会的インパクトをあらゆる活動の重要な視点としており、組織が自分たちの未来を確かなものとすると同時に、地球の未来を確かなものとできるよう協働しています。

Breakthrough-Energy-logo.jpeg

BCGのブレークスルー・エナジー・カタリストへの参画

BCGはブレークスルー・エネジー・カタリストの創設パートナーの一社です。ブレークスルー・エネジー・カタリストは、2050年までのネットゼロ実現のために必要なクリーン・テクノロジーの開発を加速することをめざすプログラムです。

first-movers-coalition-square.jpg

BCG Joins First Movers Coalition

BCG joins the First Movers Coalition, a joint effort by the World Economic Forum in partnership with US Special Presidential Envoy for Climate John Kerry, as a founding member, to drive demand for zero emissions across the value chain of hard-to-abate sectors.


BCGとCOP26に関する報道

Ahead of COP26, BCG's CEO Rich Lesser spoke with BBC News about the firm's own journey addressing climate change. "We were already acting to address climate change but not as boldly as we needed to, and I had partners in BCG who pushed back very strongly on me, educating our broader partnership. But those partners [who challenged me] turned out to be right," says Lesser. "It changed our trajectory and helped me break through my bubble."

Watch on BBC News

Rich Lesser
Global Chair
New York

BCG's Charlotte Degot spoke with Bloomberg about how companies can accurately measure their greenhouse gas emissions. She explains measuring with an AI tool could decrease a company's emissions by as much as 40%, which can be achieved "through identifying the best initiatives, tracking results, and optimizing company operations."

Read now on Bloomberg

Charlotte Degot
Managing Director and Partner;
Global Lead, CO2 AI by BCG
Paris

In a recent op-ed, BCG's Rich Hutchinson and Rich Lesser outline six essential actions for executives to integrate sustainability into their value creation agenda—ensuring their societal impact creates real value for the business also.

Read now on Fortune

Rich Hutchinson
Managing Director & Senior Partner; Global Leader, Social Impact Practice
Atlanta

"ESG-driven requests are already prompting more action from banks. Shipping is already feeling it and they (shipping companies) are under pressure now," BCG's Peter Jameson explains, in a recent Reuters article on how environmental criteria is influencing financing for the shipping industry.

Read now on Reuters

Peter Jameson
Partner
Copenhagen

Jamie Webster, a senior director in Boston Consulting Group’s Energy Impact Center, argues that [surging global coal, natural gas, and carbon prices] may amount to the first climate change energy crisis, “both in the shocks that initiated the crisis (eg, low hydro [power] production in Brazil) and the muted supply response (eg restricted investment in new gas supply)…This crisis could have happened without climate change, but its probability was higher because of it.

Read now in Financial Times

Jamie Webster
Senior Director | Center for Energy Impact
Washington, DC

BCG is delighted to partner with Catalyst to bring the power of BCG’s consulting, climate, and industry expertise to accelerate the green industrial revolution. This new partnership with some of the world’s leading corporations will be critical to unlocking the potential to find, fund, and scale innovative technology solutions. These solutions are essential to closing the gap to vital climate targets.

Read now in Handelsblatt (German)

Christoph Schweizer
Chief Executive Officer
Munich

COP26 President Alok Sharma comments on BCG’s involvement as the exclusive COP26 consultancy partner, “I am pleased to welcome Boston Consulting Group as a COP26 Partner,” notes Sharma. “By committing to reach net zero, and setting science-based targets to achieve this goal, [BCG is] joining the growing number of businesses committed to reducing their environmental impact and helping to drive decarbonization. I look forward to working with BCG in the months ahead as we continue to make progress ahead of COP26.

Read the press release

Alok Sharma, COP26 President
protected by reCaptcha

The Sustainable Advantage: Insights on creating competitive advantage through sustainability.

COP26のコンサルタンシー・パートナーとして

SUBSCRIBE