mobility

モビリティ

BCGはモビリティ・イノベーション・センターを通じて、官公庁や組織の革新的なモビリティ・ソリューションの構想・実行を支援します。

モビリティにおける直近の大革命は内燃機関の発明であり、それがヘンリー・フォードの黒一色の自動車の開発の原動力となりました。今日のモビリティははるかにカラフルで、混雑した、複雑なものになっています。自動車自体に、あるいは自動車を超えた領域で、新たな課題やテクノロジーがひっきりなしに生じています。そして、それらがモビリティの次の大革命の下地をつくっています。

こうした新たなモビリティ・テクノロジーが、都市モビリティの安全と利用可能性にとてつもなく大きな可能性を生み出します。しかし、その実現は、官民が協働し、熟考を重ねたバランスのとれた方法で導入して初めて可能になります。たとえば、自律走行車が交通渋滞を悪化させたり、公営交通の財源を共食いしたりしないよう配慮が必要です。

BCGでは、モビリティ・イノベーション・センターなどのエキスパートが豊富なリソースを活用して、官民のクライアントがモビリティの未来を形作るお手伝いをします。自律走行モビリティやシェアード・モビリティのフレームワーク策定、電気自動車への移行、MaaS (Mobility as a Service)を可能にするインフラの構想と実現などを支援します。セクター横断のハブとして、BCGの自動車、インフラ/都市/運輸パブリックセクターの最先端の専門性を組み合わせて提供します。

今日のモビリティの課題と機会

全世界で、特に都市では、移動に関する多くの課題に直面しています。都市モビリティには、交通渋滞、大気汚染の悪化、交通事故や交通事故による死者数の増加などの問題があります。また、多くの人々にとって就業機会や教育、ヘルスケアへのアクセスは容易ではなく、モビリティの選択肢も公平ではありません。

都市モビリティは多くの課題に直面

こうした問題を解決するため、官民が協働してモビリティ戦略を策定しなければなりません。多くの新しいモビリティ・テクノロジーを統合し、現地の状況に応じてカスタマイズし、各地域の重要な要素(人口密度、公共交通の選択肢、街路網のタイプなど)に対応した戦略が求められています。BCGは、いわゆるCASEのロジックを考慮して機会の発見とソリューション創造を支援します。

こうした新たな動きがあいまってモビリティ業界にまったく新しいパラダイムが起こり、有望な機会が生まれています。たとえば、BCGアドバンスト・アナリティクス・チームの協力による世界の40の大都市圏の複合モビリティのシミュレーション、および、ザンクトガレン大学(スイス)とBCGの1年間の共同研究を通じて、私たちは自律走行車、シェアード・モビリティ、マイクロモビリティにより実現し得る大きな進歩を詳細に示すことができました。

モビリティ・ソリューションが大きな機会を解き放つ

モビリティの課題解決に向けたBCGのクライアント支援アプローチ

モビリティ領域のコンサルティングでは、私たちは世界各地の都市と協働して、都市モビリティの問題解決に取り組んでいます。また、自動車企業や新たなモビリティ・テクノロジー・プロバイダーと協働して、人やモノの移動のソリューションを形作り、市場に投入し、都市のモビリティ戦略に埋め込むお手伝いをしています。私たちはさまざまなツールやシミュレーションを活用して、モビリティや都市の未来の再構想を支援します。そうしたツールには、たとえば以下のようなものがあります。

 

モビリティ領域のエキスパート

BCGモビリティ・イノベーション・センターでは、モビリティ領域のBCGエキスパートが、デジタル化やアナリティクスのあらゆる側面をカバーして独自のモビリティ・ソリューションをつくり出します。また、同センターの専門家エコシステムにはスタートアップ企業、シンクタンク、実装者が含まれます。同センターの対象範囲は、インターモーダル・プラットフォーム、インダストリー4.0による自動車の再構想、モビリティ・サービス、公共交通、ロジスティクス・サービス、スマートインフラなどにおよびます。

 

モビリティ領域でのBCGのクライアント支援事例

BCGモビリティ・イノベーション・センターは、官公庁、新規・既存モビリティ・プロバイダー、投資家などのステークホルダーを含め、自動車、運輸、ロジスティクス、モビリティ業界のリーダーと協働します。私たちはまた、世界各地の数十の都市のモビリティ・シナリオをモデル化しました。これらの都市の多くとも、個々にモビリティ・ソリューションの実現に向け協働しています。以下はその一部です。

モビリティ領域でのBCGのパートナーシップ

BCGはモビリティ・ソリューションの前進に向けクライアントやさまざまな組織と協働しています。以下はその一例です。

世界経済フォーラム(WEF)

私たちはWEFのGlobal Autonomous and Urban Mobility Councilに参加しています。この委員会は人類の便益のための新たなモビリティ・テクノロジーの開発と適用の推進をめざしています。BCGは2013年より都市モビリティの領域でWEFと協働しています。

StreetLight Data

BCGはStreetLightとのパートナーシップにより、都市のマイクロモビリティや自動走行モビリティの導入準備を支援しています。私たちはStreetLightのビッグデータのリソースを活用して、こうした新しい移動手段を大規模に展開する戦略を開発し、関連サービスを設計しています。

私たちのモビリティ領域のコンサルティングでは、BCG傘下の専門組織の専門能力も活用します。

モビリティ領域に関するBCGの論考など

protected by reCaptcha

Subscribe to our Public Sector E-Alert.

SUBSCRIBE