Quantum Computing

量子コンピューティング

量子コンピューティングはまだ初期段階のテクノロジーですが、一般の人々が考えるよりも早く早期のアプリケーションが出現しつつあります。BCGは企業が戦略やスキル、エコシステムを開発し、成果を得られるよう支援します。

量子コンピューティングの大躍進の瞬間はまだ何年も先のことですが、このテクノロジーは有望な見返りを示しています。創薬、気候変動金融は、早期の進歩から恩恵を受けられる分野のほんの一部にすぎません。今プランニングを開始する企業は、成功の土台となる先行者の展望を得ることができます。

それは、驚異的な速度で複雑な計算を行うために量子力学を利用した量子コンピューティングが、従来のコンピュータでは不可能または非現実的であった問題を解決できるからです。BCGの量子コンピューティング領域のコンサルタントは、企業が量子の優位性を、どこに、どのように適用できるかを検討することにより、競争優位性を構築するお手伝いをします。

 

量子コンピューティングコンサルティングに対するBCGのアプローチ

量子テクノロジーが研究室から生み出されていますが、企業は、実践的な用途を特定し実現することで、イノベーションを成果に変えることができます。しかし、量子コンピューティングは、接続すれば自動的に使えるテクノロジーではありません。企業は、必要なスキルを構築し、新しいリソースを舵取りするために、時間や計画が必要になるでしょう。

BCGの量子コンピューティングのコンサルタントは、込み入ったディープテックに精通しています。これは、膨大な科学的課題に対処する新しいテクノロジーですが、長期的な開発が必要であり、大規模で多様なエコシステムが関わっています。BCGは、多方面からのアプローチを取り、企業が量子コンピューティングの利益を実現するのを支援します。


量子コンピューティングの適用分野

私たちは、量子コンピューティングの競争優位性が2025年までに現実のものになると予測しており、企業が初期段階、そしてさらにその先にとらえられる機会を特定できるよう支援します。しかも、それは、量子コンピューティングの商業的適用に関してだけではありません。重要な社会的インパクトを提供できる利用法も明らかにします。

量子コンピューティングのきわめて有望なユースケースの中には、以下のようなものがあります。

製薬R&D(研究開発)の高度化

財務におけるスピードと正確さの改善

気候変動との戦い

量子コンピューティングに関するBCGの最近のインサイト

" "
Article

Making Sense of Quantum Sensing

Companies and deep tech investors that are not already monitoring developments in quantum sensing should secure a place on the learning curve as soon as possible.

BCGの量子コンピューティングのコンサルタントのご紹介

BCGの量子コンピューティングのコンサルタントは、クライアントが、量子テクノロジーから十分な利益を実現するのを支援します。エキスパートの一部をご紹介します。

Tech + Us: Monthly insights for harnessing the full potential of AI and tech.