" "

同族経営

親族とビジネスがより合わさった領域にわたり成功を最適化するには、オーナーの懸念と感情を理解し、戦略から組織に至るまで重要な経営分野に関する深い専門知識を持つ、信頼できるアドバイザーが必要です。

同族経営企業にはさまざまな形態と規模がありますが、世界中で存在感を示し、レジリエンス(回復力)が高く、大きな成功を収めています。同族経営企業は、戦略面でもオペレーション面でもそれ以外の企業と同様の懸念をもっています。しかし、親族とビジネスが交差することによる複雑性から生じる特有の課題にも直面しています。こうした親族は、どうしたら事業価値と親密な関係を維持しつつ、この両面の問題に対処できるのでしょうか?


BCGの同族経営企業に対する支援

コーポレート・ファイナンス&ストラテジー組織マーケティング・セールスオペレーションデジタルトランスフォーメーションなどに関する幅広いコンサルティングサービスに加えて、同族経営企業が以下のような特有の課題を乗り越えるお手伝いをします。

私たちは、同族経営企業のオーナーと深いリレーションシップを築いています。彼らの特有のリスクプロファイル、成長に対する長期的視点、スチュワードシップ・アプローチを理解しています。そして、重要な問いに答えることで、同族経営企業向けにカスタムメイドのソリューションをつくり出します。

同族経営についての7つの重要な問い


同族経営企業のガバナンスに着目

上場企業は正式なガバナンス規則を採用することが法律で義務付けられていますが、株式非公開の同族経営企業の場合はそうではありません。しかし、そのような同族経営企業にとってもやはり優れたガバナンスは重要です。明確で相互に合意されたガバナンス構造の欠如により、不必要な衝突が起こり、事業価値が破壊される危険性があります。同族経営に関与する親族は、効果的なガバナンスモデルを定義するために、次の4つの措置を講じる必要があります。

 

同族経営に関するBCGの新刊書




同族経営に関するBCGの論考

The Soft Rules of Family Businesses
Article

The Soft Rules of Family Businesses

Conflicts arising from emotions are rarely about material issues like money or other matters of self-interest. These "soft" issues are often harder to resolve than the "hard" stuff.