Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings
BCG Diversity & Inclusion

ダイバーシティ&インクルージョン

官民のリーダーの間で、成功にはダイバーシティに富むインクルーシブな組織が求められるという認識がますます高まっています。BCGの独自の研究が旧来の神話を払拭し、ダイバーシティをめぐるさまざまな問題(志、モビリティ、エンゲージメント、キャリアに対する満足度など)についての対話を促進しています。私たちの研究により、どんな取り組みが効果があるか(あるいは、ないか)、どうしたら多様性に富むインクルーシブなカルチャーが醸成できるか、といったことがわかってきました。

私たちの研究では、ダイバーシティの財務業績への影響も分析しました。企業や政府機関が成功の重要な要因としてダイバーシティ&インクルージョンを推進すれば、成功と存続の可能性が高くなります。たとえば、リーダーシップチームのダイバーシティが高まると、イノベーションのパフォーマンスや従業員のエンゲージメント、財務業績の向上につながることがわかっています。

また、BCGの考察により、ダイバーシティ&インクルージョンを推進するためにリーダーがとるべき打ち手や投資すべき領域も明らかになりました。

ダイバーシティ&インクルージョンに関する論考

性別、人種、民族、年齢、性的指向、国籍、社会経済的地位などさまざまな側面から職場のダイバーシティを考えることが重要です。

私たちの目標は、ダイバーシティを高めて、あらゆるBCGスタッフ、および、クライアントのチームメンバーのポテンシャルを解き放つことです。そのために私たちは「ひと」に投資するとともに、持続的効果を実現するために必要なツールやプログラム、カルチャー変革について研究しています。

Matt Krentz
Senior Partner & Managing Director
Chicago

なぜ今、ダイバーシティに取り組むのか?

ダイバーシティが進んでいない組織は、人材獲得競争で後れをとることになります。調査によれば、ダイバーシティの進んだ企業では、従業員の意欲や志、イノベーション、財務業績の向上という効果が出ています。こうした事実があるにもかかわらず、女性CEOは全体の5%にとどまり、何十年もの間あまり変化していません。また、自社にジェンダー・ダイバーシティ・プログラムがあると回答した従業員は91%にのぼりますが、個人的にダイバーシティ施策の恩恵を受けたと感じている人は27%にとどまります。

こうした状況を変えようという、政府の組織への圧力が高まっています。加えて、Me Too、Time’s Up、ウィメンズ・マーチのような活動により世界的にメディアの注目も高まっており、企業リーダーは、採用の向上や信頼性の維持のためにダイバーシティに取り組まなければなりません。

さらに、人口構成も変化しています。若年層はカルチャーや労働慣行という面で期待することが異なり、進歩的で先進的な考えをもつ企業が人材獲得競争で勝利をおさめます。

BCGのアプローチ

なぜダイバーシティ推進施策には有効なものとそうでないものがあるのでしょうか。多くの企業が良い結果をめざして試行錯誤でダイバーシティ推進に取り組んでいます。よくあることですが、せっかくの取り組みが失敗に終わると、投入したリソースがむだになるうえに、従業員に失望感を抱かせてしまいがちです。

BCGは企業と協働して、組織内のダイバーシティ&インクルージョンを向上できる実証済みの戦略を実行します。私たちはデータに基づき、従来有効と思われてきた考え方を打破し、真に意味のある変化をもたらす方策へと組織を導きます。

  • 正規のフレキシブル・ワーキング・モデルを導入
  • 変革の目標に公式にコミット
  • ダイバーシティの進捗をトラッキング
  • スポンサーシップ・プログラムを導入
  • インクルーシブなカルチャーを醸成

Diversity & Inclusion: Strategic Value Sprint

ダイバーシティ&インクルージョン: ストラテジック・バリュー・スプリント

BCGはあらゆる業界・地域の企業と協働して、ダイバーシティ&インクルージョン推進の質とスピードを高めるための基本的要素を解明します。

詳細はこちら(英文)
Tracking and Measuring Diversity

ダイバーシティ進捗のトラッキングと測定

私たちは、さまざまな組織に対して、真に意味のある変化を実現するための適切な測定基準・指標と目標を特定するお手伝いを数多く行ってきました。

詳細はこちら(英文)
Driving Diversity Through Cultural Change

カルチャー変革

ダイバーシティ&インクルージョンの推進は、より広範なカルチャー・トランスフォーメーションと並行して進めるべきカルチャー変革の旅です。

詳細はこちら(英文)
Advancing Diversity Through New Ways of Working

新しい働き方

私たちは、インクルーシブなカルチャーの醸成に向けたロードマップを策定し、従業員の日々の働き方の変革を推進するために組織やリーダーと協働します。

詳細はこちら(英文)
Communications & Branding Strategy for Diversity & Inclusion

コミュニケーション&ブランド戦略

BCGとBCG傘下のブライトハウスは企業などの組織と協働して、組織のPURPOSE(存在意義)を発掘し、PURPOSEを軸とした意思決定支援やPURPOSEを実践するための打ち手の構築・実行、PURPOSEを浸透させるためのコミュニケーションに取り組みます(ブライトハウスはPURPOSEコンサルティングのパイオニアです)。

詳細はこちら(英文)

最近の論考

When organization create an inclusive culture that values diversity, everyone wins.

ダイバーシティ&インクリージョンに関する論考はこちら(英文)

ダイバーシティ&インクルージョンにおけるエキスパートのご紹介

  • Diversity & inclusion
  • Digital metrics in people practices
  • Culture and engagement
  • New ways of working and evolving talent models
  • Diversity and inclusion
  • Working culture and engagement
  • Working models and evolving work forces
  • Payer and provider risk sharing
  • Utility operations (wholesale and retail power marketing)
  • Power generation
  • Regulatory strategy
  • Sustainability
  • Diversity and inclusion
  • Gender diversity strategy
  • Working culture and engagement
  • Growth strategy
Anne Nguyen

Partner & Managing Director

London

  • Leads BCG's digital work in the media sector
  • Sales force effectiveness for media companies
  • Go-to-market strategy
  • Product innovation
ダイバーシティ&インクルージョン

SUBSCRIBE

JA