リーン・マニュファクチュアリング

不確実性の高い時代に効率性を実現する方法

Related Topics:

製造プロセス全体の無駄をなくすことで価値を生み出し、競争優位性を高めるにはどうすればよいでしょうか? それがリーンの取り組みです。成功には、リーダーの強いコミットメントと、十分にトレーニングされ、明確な目標を持った人材が必要です。企業の戦略を後押し・実現するためのネットワークとプロセスを構築する取組みでもあります。 不確実性の高い事業環境で効率性を実現すれば、コスト削減、品質の向上、製造サイクルの短縮、生産性の向上につながります。

新しい設計原則やデジタルテクノロジーが工業生産を大きく変え、「未来工場」という構想も生み出されています。いち早くこうした進化を本格的に取り入れる企業が製造オペレーション新時代の先駆けとなるでしょう。

インサイト を読む

リーンの実践により競争優位性を構築するためには、3つのステップ――リーンの考え方と自社の現状の理解、リーン生産システムのカスタマイズと実行、長期的なパフォーマンス改善と維持――に沿って進めます。リーン・イネーブルメントセンターは確かな成果の実現を支援します。

ソリューション を読む

ある消費財企業は、設備投資が高水準となった際、コスト、在庫、生産管理の分野でリーンへの取り組みに着手しました。

成果 を読む

内田 康介 Kosuke Uchida

Managing Director & Partner

 お問合せ  エキスパートを探す
protected by reCaptcha

Subscribe to our Lean & Manufacturing eAlert.

リーン・マニュファクチュアリング

SUBSCRIBE