Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings
Digital Procurement

デジタル調達

デジタルテクノロジーの活用により大きな可能性が見込まれるにもかかわらず、多くの企業の調達機能は、依然として旧来のアナログなやり方を続けており、デジタルの重要な利点を獲得できずにいます。効果的なデジタル調達戦略を実行し、デジタルがもたらす機会を十分に活用するには、調達リーダーは、調達機能が組織に提供するコアバリューを定義することから始める必要があります。


調達組織のデジタルジャーニーの戦略的優先事項


最高調達責任者(CPO)は、デジタル課題に優先順位を付け、組織が最も必要としている変革を推進できます。デジタルを活用して、コスト削減をさらに進めたり、サプライヤーとの緊密な協働によるイノベーションを推進したりすることができます。取引プロセスのあらゆる段階でロボットを使用し、サイクル時間を大幅に短縮することもできます。特に重要なのは、意思決定を向上するためにデータを保存・分析することにより、データ・アナリティクスをすべての調達活動に活用できることです。また、デジタル・アプリケーションは、既存のシステム環境に簡単かつ効率的に接続できます。


デジタル調達におけるイノベーション

デジタル調達の旅は有意義な結果につながる可能性があります。コストの5~10%削減、効率の30~50%向上が実現できたケースもあります。この動画では、BCGのDaniel Weiseが、調達組織がデジタル化におけるイノベーションを推進し、成果をあげている3つの主な方法について解説します。

デジタル調達と価値創造

デジタルは、相互に関係のある3つの側面で調達に価値を創出します。

  • インサイト、情報に基づく意思決定。ビッグデータとアドバンスト・アナリティクスにより、インサイトと意思決定を強化でき、パフォーマンス向上につながります。
  • プロセスの自動化。 RPA(robotic process automation)により、取引業務をスピードアップするとともに、正確性と契約コンプライアンスを改善できます。AIにより認知活動を増大し、スピードと生産性を向上できます。
  • コラボレーション。様々なデジタルテクノロジーを組み合わせて活用すれば、組織内の他の機能、事業部門、地域とリアルタイムで調達業務を行うことが可能になり、需要に関わるインサイトを提供し、製品開発を向上できます。

Our Insights

Procurement - Taming Tail Spend

Taming Tail Spend

Digital can help procurement teams gain a much deeper understanding of their purchases—and cut costs significantly.

Featured Experts

調達

SUBSCRIBE

JA