Care-by-BCG-Hero.jpg

CARE by BCG:
ヘルスケアにおける需要プランニング

世界中のヘルスケアシステムは同様の複雑な課題に対処しています。すなわち、ヘルスケアモデルの変化、新テクノロジーの出現、コスト上昇の時代において、ムダを最低限に抑えつつ将来の需要に応えるためのリソースプラニングの組織能力を進化させるという課題です。CARE by BCGは、現在と将来を見越したニーズに対する計画作成の助けとなります。

多くのヘルスケアシステムがリアルタイムのキャパシティを考慮して最適な配分を判断することに困難を覚えていました。新型コロナウイルス感染症はこの難しい問題をさらに悪化させ、多くの病院および医療システムは突然の需要の上昇に対応できなくなっていました。

そのためBCGではCARE(Capacity and Resource Excellence) by BCGを考案しました。これは、 AIと最先端のアナリティクスを活用し、IHN(Integrated Hospital Network)や政府がヘルスケアリソースを広範なシナリオに対して最適化できるようにするデータドリブン・プログラムです。CARE by BCGは、適切なミックスと量のリソースが適時に適所にあるようにするものです。結果として、平常時・非常時を問わず、効率性やアクセス可能性が向上し、コストが低下します。

ヘルスケアプログラムにおいてCARE by BCGの需要プラニングはどのように機能するか

プログラムの中核にあるのは、カスタマイズ可能なクラウドベースのSaaS(サービスとしてのソフトウェア)ツールで、これを使って病院やネットワーク、政府は、各施設内および施設間でリソース配分、使用状況、パフォーマンスを最適化できます。具体的なユースケースとして以下のようなものがあります。

  • 既存のリソースと将来のニーズの間のギャップを浮き彫りにする
  • 需要、および、既存のヘルスケアリソース(労働力、設備機器、施設など)の供給への影響について、理解を深める
  • システムの待ち時間を増大させる障害を特定する
  • 将来のヘルスケアの取り組みの費用対効果を分析する
  • 需要の予想外の急上昇(新型コロナウイルス感染急拡大の分析など)に対応するシナリオをモデル化する

しかし、ツールは他と関わりを持たずには動作しません。CARE by BCGプログラムのセットには、さまざまなステークホルダーに力を与え、最適化の手段を特定し、トランスフォーメーション・プログラムを実施するためのガバナンスが組み込まれています。また、ワークフローを標準化して無駄をなくす機会を特定することで、医療従事者と病院の生産性を測定するのに役立ちます。

CARE by BCGは、医療システムのオペレーション組織能力の現在および将来のニーズに関する情報を定期的に収集するように設計されており、アクセス可能な質の高いデータに基づいてポリシーの決定が行われるようにします。また、CARE by BCGは患者との信頼関係を構築・維持するために不可欠なデータのプライバシーとセキュリティを保護します。

しかし、これらの要素はいずれも、適切な人材が配置されていなければ機能しません。 CARE by BCGプログラム は、主要な従業員が必要な評価と最適化の演習を行うために最新のテクノロジーを活用できるようにするトレーニングを支援します。


CARE by BCGプログラムは何が独特なのか

ほとんどのキャパシティ・需要プランニングアプローチでは過去の需要と供給のデータを使ってリソースニーズを判断しています。CARE by BCGのヘルスケア・キャパシティ・プランニングツールでは、過去のデータだけでなくリアルタイムのデータを使って将来の需要をシミュレーションします。同プログラムは30超のリアルタイムデータ入力(通院区域の人口、有病率、感染拡大の進行など)を分析し、40超の設定可能なパラメータ(有病率、照会パターン、特定の病気の平均入院日数など)でシナリオ分析をすることが可能です。

CARE by BCGの支援事例

CARE by BCGはヘルスケアシステムが既存リソースのままケアへのアクセスを改善できるよう支援し、同時に障害を突き止め、新型コロナウイルス患者に対応するために必要な追加リソースを特定しています。

医療サービス提供を改善すると同時にコストを低減

サービスへのアクセスを増強

 

ヘルスケアCARE by BCG需要プランニング エキスパート

ヘルスケア業界

SUBSCRIBE