電動キックボードシェアリング、世界市場規模は2025年に400億~500億ドル。世界750都市に需要拡大の可能性~BCG調査

都市によって異なるアプローチが必要

印刷用PDFはこちら

【参考資料】 

経営コンサルティングファームのボストン コンサルティング グループ(以下、BCG)は、2019年5月に、電動キックボードのシェアリングサービスの世界市場規模を予測し、収益性について検討したレポート「The Promise and Pitfalls of E-Scooter Sharing」を発表しました。また、2020年1月には、その収益性の調査を更新し、普及条件や普及への道筋を考察した「How E-Scooters Can Win a Place in Urban Transport」を発表しています。2つのレポートの内容を以下にご紹介します。

なぜ今、電動キックボードのシェアリングなのか。世界市場規模は2025年に400億~500億ドルへ

電動キックボードのシェアリングは、公共交通機関やシェアリングサービスなどの多様な移動手段を一つにまとめ、予約や決済を一本化するサービス「MaaS(Mobility as a Service)」の一角として注目され「ラストワンマイル」と呼ばれる0.5~4km(徒歩5~45分)の移動に適したモビリティです。アメリカやヨーロッパを中心に急速な発展を遂げており、世界の市場規模は2025年に400億~500億ドルに上るとみられます。また、主要企業には数億ドルの資金が集まっており、このビジネスの勢いが見てとれます(図表1)。

高い潜在性が見込まれる一方、収益性は不透明

電動キックボードのシェアリングサービスのメリットは、①1回の乗車料金が約4ドルと低価格で、②車の交通量を減らすことができ、渋滞緩和につながる、③駐車場を探す必要もなく、④童心に戻る楽しみを与えてくれる、などがあります。また、電動キックボードはカーシェアなどのほかのモビリティシェアリングサービスと比べてより短い距離に利用され(図表2)、よりプライベートな移動手段であるため、ほかのシェアリングサービスの需要を奪うことなく拡大していくと考えられます。

一方で、1回の乗車料金と車体の耐久性を考慮すると、収益性は不透明とも言えます。車体の耐久性が向上していることから、収益性も改善しつつありますが、長期にわたって収益性を確保し、持続可能な事業とするには、各都市とマイクロモビリティの関係を幅広い視点で検討、反映してビジネスモデルを構築することが必要です。

普及の条件は「人口密度」「インフラ」「天候」「若年層の人口」
各都市での展開余地を推計するため、電動キックボードのシェアリングサービスの普及条件を考察しました。次のような条件が考えられます。

  • 人口密度が高い:人口密度が高ければ、自家用車の所有や駐車には高いコストがかかり、公共交通機関は満員で、また、道路も混雑していてタクシーや配車サービスの利便性も限られるため、電動キックボードの普及に適した環境となる
  • 自転車用のインフラが整備されている:自転車専用レーンや、自転車用の駐車スペースは、電動キックボード用に使うことができる
  • 天候が良い: 電動キックボードは厳しい天気には適していない。激しい雨が降る都市や長期の雨期があるエリア、寒冷な地域には普及しづらい
  • 若年層の人口が多い:若年層は電動キックボードのもっとも大きなユーザーグループなので、人口の中で学生の比率が高い街には適した移動手段となる

以上にもとづき、アメリカとヨーロッパの都市を7つのタイプに分けました。

電動キックボードシェアリング、普及の可能性が高い都市、低い都市は:7つのタイプ 

都市の例

特徴

巨大都市

パリ、マドリード、シカゴ350万人以上の人口を擁する、巨大都市。十分な人口密度があり、自転車用のインフラも整っている

車中心:大都市

ロサンゼルス、ダラス、アトランタアメリカの大きな都市。高低差は少なく平らな土地が広がっており、主な交通手段は車である

車中心:中規模都市

サンアントニオ、インディアナポリス、ナッシュビルアメリカの中規模の都市。車が有力な移動手段である

寒冷/多雨都市

ブリュッセル、デンバー、ポートランド、オレゴン冬が長い、または天候が厳しい中規模の都市

キックボードパラダイス

オースティン、リスボン、ニース、サンディエゴ中規模の都市で、車は交通手段の中心ではなく、気候が穏やか。良い条件がそろっている

学園都市

バージニア州シャーロッツビル、ミシガン州アナーバー、ドイツのミュンスター大学があり、学生たちが多く住んでいる小さな街

将来有望な郊外の町

               ―電動キックボードの潜在需要を持つ、多くの小さな地方自治体

この分析の結果、約750の都市で電動キックボードシェアリングサービスの需要拡大の可能性があることが分かりました。これは、2019年11月時点の展開都市数、350都市という数字と比べると2倍以上であり、今後大きな成長が見込まれることを示しています。

収益性を向上させるとともに、環境と安全性への配慮が必要

電動キックボードのシェアリングサービスを提供する企業は、勝ち残るために、市場ごと、都市ごとに異なるアプローチを取る必要があります。都市の行政と密接に協力しながら、ビジネスモデルを改良しなければなりません。

バッテリーの持ち時間の改善などにより、1乗車当たりの収益は向上しつつありますが、引き続き、製品の革新とメンテナンスにより、車両の寿命を延ばし、収益性を改善させなければなりません。

また、運転中だけでなく、製造、出荷、充電、廃棄に至るまでの過程で、CO2排出を抑制することも重要です。

行政は、安全性に考慮して慎重に規制を設ける必要があります。現在、自転車や電動キックボードの運転者の命に関わる事故の80%以上が車やトラックがライダーにぶつかる事例であるため、指定車線や、専用駐車スペースの設定は良い打ち手となる可能性があります。

■ 調査レポート
The Promise and Pitfalls of E-Scooter Sharing
電動キックボードシェアリングの2025年時点の世界市場規模と収益性、課題について調査しました。

How E-Scooters Can Win a Place in Urban Transport
電動キックボードシェアリングの収益性についての試算を更新、普及の条件を考慮してアメリカとヨーロッパの都市をタイプ分けし、展開余地を推計しました。

■ 日本における担当者
古宮 聡 マネージング・ディレクター & シニア・パートナー
BCG自動車セクターのアジア・パシフィック地区リーダー。日本フィリップス株式会社、レーザーテック株式会社ロンドン支店を経て現在に至る。明治大学政治経済学部卒業。IMD(International Institute for Management Development)経営学修士(MBA)。

富永 和利 マネージング・ディレクター&パートナー
BCG産業財・自動車グループの日本共同リーダー、オペレーショングループのコアメンバー。トヨタ自動車株式会社、ブーズ・アンド・カンパニーなどを経て現在に至る。ペンシルバニア大学工学部卒業。マサチューセッツ工科大学経営学修士(MBA)、コーネル大学工学部修士(MS)。

■ 本件に関するお問い合わせ
ボストン コンサルティング グループ マーケティング 直江・嶋津・福井
Tel: 03-6387-7000 / Fax: 03-6387-0333 / Mail: press.relations@bcg.com

ボストン コンサルティング グループ(BCG)

BCGは、ビジネスや社会のリーダーとともに戦略課題の解決や成長機会の実現に取り組んでいます。BCGは1963年に戦略コンサルティングのパイオニアとして創設されました。今日、BCGの支援領域は、変革の推進、組織力の向上、競争優位性構築、収益改善をはじめとしてクライアントのトランスフォーメーション全般に広がっています。

BCGのグローバルで多様性に富むチームは、産業や経営トピックに関する深い専門知識と企業変革を促進する洞察を有します。これらに加え、テクノロジー、デジタルベンチャー、パーパスなどの各領域の専門組織も活用し、クライアントの経営課題に対しソリューションを提供します。経営トップから現場に至るまで、BCGならではの協働を通じてクライアント組織に大きなインパクトを生み出しています。

日本では、1966年に世界第2の拠点として東京に、2003年に名古屋、2020年には大阪、京都にオフィスを設立しました。

Press Releases