ベルガンティ教授に聞く:意味のイノベーションと新時代のリーダーシップ

第一回:グローバルでのイノベーション論とリーダーシップのあり方の変化

By Masanobu Iwabuchi

より不確実性の高まる経営環境下で、企業はイノベーション創出の早期化と、本質的な構造改革を同時に行うことが求められている。特に製造業やサービス業といったアセットヘビーな産業を基幹産業としてきた日本は、大きな課題を抱えている。

民間企業でも公的機関でも、デザインやアートといった新しい概念を経営にどのように活かし、取り込んでいくかという議論は盛んに行われているが、多くの取り組みで表層的、部分的な理解にとどまり、本質的な事業パフォーマンスの向上にはいたらないケースが散見される。

ミラノ工科大学、ハーバード大学等でイノベーション論を専門に研究し、自身も多数のグローバル企業にコンサルティング支援を行うロベルト・ベルガンティ教授に、日本企業に対する示唆を聞いた(聞き手はBCG東京オフィスのマネージング・ディレクター&パートナーの岩渕 匡敦)。

ベルガンティ教授に聞く:意味のイノベーションと新時代のリーダーシップ

SUBSCRIBE