BCG at Davos

私たちBCGは世界の社会・ビジネスの課題への取り組みの一環として、2022年5月にダボスで行われる世界経済フォーラム年次総会にCEOのクリストフ・シュヴァイツァーにより率いられる代表団を派遣し、官民のリーダーと議論します。

2022年のダボス会議のテーマである「History at a Turning Point: Government Policies and Business Strategies」はウクライナ情勢やその結果としての人道的惨状、世界的パンデミックに対応するものです。リーダーは現在、差し迫った人道・安全面のニーズに対応すると同時に、不平等や気候変動のような根強い世界的課題に取り組むことが求められています。こうした困難な課題に直面するなかでも、私たちは「Unlocking the potential of those who advance the world」(BCGのパーパス、「世界を前進させる人や組織の潜在力を解き放つ」)力を強く信じています。このような観点から、私たちはビジネス、社会、政府の先進的なエキスパートたちとともに、生活を向上させ、より持続可能な将来を形成するソリューションに向けて取り組むことを願っております。

私たちの専門性でダボス会議に貢献

BCGのエキスパートはとりわけ、今後何年かにわたり政策や事業戦略に影響をおよぼし続ける重要な潮流であるAI気候とサステナビリティ仕事の将来について、研究者や各界のリーダーと議論を深められることを楽しみにしています。

Highlights from Davos 2022


BCG派遣代表団のご紹介

BCGのダボス派遣代表団はCEOであるクリストフ・シュヴァイツァーにより率いられます。シュヴァイツァーは、CEOに就任する前、中・東欧および中東地区チェアマンを務めました。また、2014年からBCGのエグゼクティブ・コミッティー(経営会議)およびオペレーティング・コミッティーのメンバーを務めています。彼はAI、気候とサステナビリティ、今日の不確実性下のリーダーシップに強い関心を持っており、世界経済フォーラムにおける対話の大きな原動力になると思われます。

 

関連論考など

気候変動とサステナビリティ


ネットゼロへの世界的道筋を見出すために官民が協働しなければなりません。企業はこの必須課題を無視したりそれによりもたらされる機会を見逃したりするわけにはいきません。

The Five Digital Building Blocks of a Corporate Sustainability Agenda

サステナビリティ推進のためのデジタル面の5つの要件

世界850社超を対象としたデジタルトランスフォーメーションに関するBCGの調査結果は、デジタルテクノロジーがサステナビリティの取り組みの重要なイネーブラーであることを示しています。サステナビリティで競争優位性を構築するには、デジタル面の前提条件を整える必要があります。

BCG-WEF Project: The Net-Zero Challenge

BCGとWEFの共同プロジェクト: 温室効果ガス排出量ネットゼロへの挑戦

温室効果ガス排出量ネットゼロの達成を各社が急ぐなかで、多くの企業がビジネスのしかたの変革を迫られています。ネットゼロを巡る変化の緊急性や速度、範囲は、いまだ過小評価されています。しかし、早期に行動を起こせば大きな競争優位性を獲得できます。BCGと世界経済フォーラム(WEF)の共同レポート「The CEO Guide to Climate Advantage」では、その方法について考察しています。

Aerial view of colorful shipping containers on a dock

サプライチェーンの脱炭素化が気候変動との戦い方を変える

BCGとWEFの共同調査により、サプライチェーンの脱炭素化はわずかなコストで達成できることが分かりました。しかし、サプライチェーン全体の排出量の把握や、川上企業との協働は簡単なことではありません。企業は、製品を再設計し、調達戦略を見直し、自社組織のガバナンスを変える必要があります。

AI

このテクノロジーを拡大展開できる組織は、今後、大きな競争優位性を構築するでしょう。しかし、リーダーは人間の組織能力にも同様に投資して、人間とマシンの力を最大限発揮させる方策を見出さなければなりません。

" "

AI時代の仕事の将来

米国、ドイツ、オーストラリアを対象に詳細に分析した結果、テクノロジーの進化により2030年までに労働市場にいかに破壊的な変化が起こるかが明らかになりました。何百万人もの労働者が離職する一方、新たな雇用機会も生まれます。(英文)

Why AI Needs a Social License - rectangle

Why AI Needs a Social License

If business wants to use AI at scale, adhering to the technical guidelines for responsible AI development isn’t enough. It must obtain society’s explicit approval to deploy the technology.

Executive Perspectives for AI_Davos 2022_ rectangle.jpg

Artificial Intelligence: Ready to Ride the Wave?

Given its ever-expanding application, AI may soon be more than just a way to gain a competitive edge. While unlocking the full power of AI is no easy task, it’s an essential one for surviving and thriving now and in the years ahead.


BCG-WEFパートナーシップ

BCGは、世界経済フォーラム(WEF)とのパートナーシップにより、官民のアジェンダを形成し、社会に持続可能なプラスのインパクトを生み出せることを誇りに思っています。私たちの共通の目標は、ステークホルダーを巻き込み、グローバル規模でビジネスや政府の成果を向上させることです。現在のコラボレーションの一例として以下のようなものがあります。

BCG-WEF Project: The Inclusivity Quotient - rectangle

インクルーシブ・モビリティ

世界経済フォーラムとBCGは共同で、熟慮して設計されたモビリティ・システムが地域社会の健康や社会経済的利益などさまざまな要素にいかに重要な役割を果たしうるかを研究しています。

first-movers-coalition-square.jpg

ファースト・ムーバーズ・コアリション(FMC)

First Movers Coalitionは、必要な投資を呼び込み、コストを低減させることにより、重要な新ソリューションへの世界的需要を一気に立ち上げることをめざす、先見性のある企業の集まりで、BCGはその創設メンバーの一社です。


過去のWEF年次総会のハイライト

ダボス会議2022に向けて、過去2年間の重要なインサイトを振り返ってみましょう。

世界経済フォーラム(WEF)

SUBSCRIBE