Climate-Japan-hero.jpg

サステナブルな社会に向け、行動のとき

 

今日の社会においてサステナビリティの実現はもっとも重要な課題のひとつです。なかでも気候変動は特に緊急性が高く、2050年までのカーボンニュートラルを目指すパリ協定の目標達成に向け、残された時間は長くはありません。

BCGはクライアントが困難な課題に立ち向かい、変革を成し遂げるお手伝いをしてきました。今日では、国内外、官民を問わずさまざまな組織とともにサステナビリティに関する課題に取り組んでいます。その一環として2021年11月にはCOP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議)のコンサルタンシー・パートナーとして、世界的な気候アジェンダの形成をサポートしました。

本特集ページでは、サステナブルな社会の実現のために私たちが特に重要だと考える7つのアジェンダについて、国内外の最新動向とともに、BCGの取り組み、考察などをご紹介します。


BCGのサステナビリティに関する取り組み

Aerial image of a blue ocean that reflects the sky and meets a forested coastline.

BCGのネットゼロ戦略

BCGが実現できる気候変動への最大のインパクトは、クライアントの支援を通じて低炭素経済への移行を加速することです。しかし同時に、自らが行動し、自社による環境への悪影響をできるだけ早く排除しなければならないことも認識しています。BCGは2030年までに気候変動への影響をネットゼロにすることを宣言しています。

sustainability-north-star-rectangle.jpg

サステナビリティは私たちの「北極星」

BCGにおけるあらゆる活動は、最終的には社会へのインパクトをめざすものです。クライアントやパートナー組織が自身の未来を確かなものとすると同時に、地球の未来をも確かなものとできるよう、協働しています。

私たちのサステナビリティへの取り組み

気候変動対策は私たちにとって喫緊の課題のひとつです。私たちはカーボンニュートラル実現に向けクライアントを支援していますが、私たち自身も自社のあり方を変えていかなければなりません。


書籍の紹介

Carbon-neutrality.jpg

BCGカーボンニュートラル実践経営

各国のダイナミクスの中で日本や日本企業がカーボンニュートラルにどう対峙するべきか、ヒントを提示するとともに、企業が描くカーボンニュートラルへのロードマップを3つのステップ、10の取り組みに分け、事例をまじえて解説します。

詳細を見る
BCG-Carbon-Neutral-Management-Strategy.jpg

BCGカーボンニュートラル経営戦略

カーボンニュートラルに向かう世界的な潮流は、企業にリスクとチャンスの双方をつきつけています。これを機会として競争優位性を築くために企業はどのように対応すべきでしょうか。

詳細を見る
サステナブルな社会に向け、行動のとき

SUBSCRIBE