Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

価値を創出する成長の重要性

価値を創出する成長により、規模と範囲の優位性を構築し、優秀な人材を惹きつけ、再投資の資金を生み出すことができます。そして、競合企業に後追いの投資を強いることになります。

つまり、成長こそがTSR(株主総利回り)の最も重要で管理可能なドライバーなのです。

1993~2013年のS&Pグローバル1200社の中から価値の創出における上位4分の1の企業を対象に実施した調査では、短期的な業績においてさえ、売上成長が年間のTSR(株主総利回り)の32%を占めています。その貢献度はフリーキャッシュフローの増加の2倍以上、利益率拡大の2倍以上に相当します。長期的には、売上成長がTSRの唯一の重要な要因と言っても過言ではなく、10年間のTSRの71%を占めています。

もちろん、成長は容易ではありません。成長を実現した企業の数は全体の半分にも達していません。しかし、業界・業種を問わず、成長は可能です。平均して、同一業種内の企業間の成長率は、業種間の成長率の違いと比べて5倍のばらつきがあります。これは、配られたカードではなく、勝負の仕方が重要であることを示しています。

成長にはスタート位置が重要

成長にはスタート位置が重要です。あらゆる成長が望ましい成長とは限りません。スタート位置は3つの型に分けられ、型ごとに成功する可能性の高い「成長への道筋」は異なります。

詳細はこちら(英文)

望ましい成長のための4つの必須事項

価値創出につながる成長の実現には、規律、そして多くの場合、組織風土や行動様式の変革が必要となります。

詳細はこちら(英文)

成長オプション:どこで戦い、どうやって勝つか

価値創出につながる成長の実現は、どこで戦い、どうやって勝つかの選択にかかっています。

詳細はこちら(英文)

成長する組織を構築するための4つのカギ

組織が長期的な成長を持続するには、戦略、リーダーシップチーム、コンピテンシー、組織モデルを慎重に選択する必要があります。

成長を追い求めて

成長は、ビジネスと社会の価値創造のかけがえのない源泉です。BCG独自のアプローチによる協働、戦略策定、イノベーション、新たなテクノロジーの活用などの取り組みが大きな成長と価値創造を実現しています。

成長は必須であり、またほとんどの業界で成長は可能です。しかし危険も伴います。成長への道筋が多くあるなかでどれを選べば、持続的な価値を生み出せるのか? このeブックでは、成長への道筋をどう描くかについてのBCGの考え方を提示します。

持続的成長への道すじを描く

PDF(日本語版)をダウンロードする
成長

JA