Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

有力サプライヤーの先手を打つ

調達における最大の課題の1つは、市場支配力を武器に高い収益性をあげる有力サプライヤーとの協働です。競争優位性を確保し、調達コストを削減するにはどうすればよいでしょうか?

詳細はこちら(英文)

新たな視点でマーケティングの効率を見直す

メディア支出の最適化により、支出を最大15%、作業効率の面で20%のコスト削減を実現可能です。

詳細はこちら(英文)

Procurement in Japan

調達における価値の限界を超える ――欧州調達ラウンドテーブルにおける議論より

調達機能は「従来型調達手法での持続・改善」と「デジタル調達テクノロジーの導入」という2つの課題に取り組まなければなりません。BCG主催の「欧州調達ラウンドテーブル」における議論の一部をご紹介します。

詳細はこちら

デザイン・トゥ・バリューが重要な理由

製品設計プロセスの見直しによりコストを削減し、競争力の維持と顧客満足度の向上を実現することが可能です。

詳細はこちら(英文)
protected by reCaptcha

Subscribe to our Procurement eAlert.

調達

SUBSCRIBE

JA