Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

調達 最近の論考

高度な調達の組織能力を構築することは、コスト削減を超えた成果につながります。適切に実践すれば、サプライチェーン全体を再形成できます。自社をより「リーン」な将来へと導くうえでBCGの論考がお役に立てば幸いです。


Featured Insights

デジタル調達を実現する

デジタルテクノロジーが調達機能に革新をもたらしています。デジタルで調達機能に価値を創造するには、事業戦略やサプライチェーン戦略の視点で、調達の競争力を高める最適な機会を見きわめる必要があります。

調達における価値の限界を超える ――欧州調達ラウンドテーブルにおける議論より

調達機能は「従来型調達手法での持続・改善」と「デジタル調達テクノロジーの導入」という2つの課題に取り組まなければなりません。BCG主催の「欧州調達ラウンドテーブル」では、この2つの課題をめぐりCPO(チーフ・プロキュアメント・オフィサー)、調達担当役員の活発な意見交換が行われました。その一部を要約してご紹介します。

BCG経営コンセプト 構造改革編 第6章 トランスフォーメーション――企業の将来を変えるための再起動

BCGの研究によれば、トランスフォーメーションを行った企業は、「短期的回復の後、長期的停滞に陥る」ケースと、「短期的回復の後、長期的な成長局面に移行する」ケースに分かれます。後者の軌道をとった企業は、筋肉質な組織へと変身する構造改革フェーズに続き、再成長フェーズでビジネスモデルや組織、企業風土など企業活動全般にわたる抜本的改革をたたみかけるように行っています。BCGの数多くの経験を基に、こうした長期的視点でさまざまな取り組みを継続する複雑なトランスフォーメーションを成功させるためのヒントを提示します。

protected by reCaptcha

Subscribe to our Procurement eAlert.

調達

SUBSCRIBE

JA