Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings

戦略の罠のマップ

「新しいオプションの探求」と「既存のオプションの活用」は事業戦略の核となるトレードオフです。あらゆる業界でますます変化が激しくなり不確実性が高まるなかで、新規オプションと既存オプションの最適なバランスを見出すことが従来にもまして重要になっています。

「戦略の罠のマップ」は、新規オプションの探求と既存オプションの活用のバランスをとろうとするときに遭遇するさまざまな「戦略の罠」についてのインタラクティブ・ガイドです。それぞれの罠についてビジネス内外の事例をあげ、 「sirens」(警戒すべき兆候)と「lighthouses」(ベストプラクティス)を提示しています。潜在的な罠を見きわめ、タイムリーに軌道修正するために、このマップを参考にしていただければ幸いです。

詳細はこちら(英文)

Strategy in Japan

グローバル化、そしてデジタル化の時代に レジリエンスと適応力を備えた組織をつくるには ――世界経済フォーラム・ブレックファーストディスカッションより

新しいテクノロジーへの適応力を高め、組織を強靭にするために、企業はどうしたらいいのでしょうか。ルノー・日産自動車・三菱自動車アライアンスの会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏を迎え、BCGのCEOリッチ・レッサーとBCGヘンダーソン研究所所長のマーティン・リーブスが2018年のダボス会議にて行ったブレックファーストディスカッションの抜粋です。

詳細はこちら

BCG経営コンセプト 構造改革(イネーブルメント)編

BCGジャパン50周年を機に、今日の事業環境で特に重要性が増しているテーマを選び、「市場創造編」「構造改革編」の2冊に分けてBCGの最新の経営手法をまとめました。「市場創造編」では非連続な成長を実現するための手法を、「構造改革編」ではそれを実現する組織体に変革していくための手法を取り上げ、事例をまじえ解説します。

詳細はこちら

成長投資にポートフォリオ・アプローチを活用する

CEOやCFOが自社の成長を加速するために使える最強のツールの一つに、事業ポートフォリオへの資本配分があります。

詳細はこちら

ビジネスモデル・イノベーションの4つのアプローチ

ビジネスモデル・イノベーションにより成長を実現しようとする企業は、4つのアプローチを理解する必要があります。

詳細はこちら
protected by reCaptcha

Subscribe to our Strategy eAlert.

戦略

SUBSCRIBE

JA