Carbon-neutrality.jpg

BCGカーボンニュートラル実践経営

カーボンニュートラルは社会、行政、企業等にとって最重要課題となっています。一方で、その領域の広さ/複雑さ、将来の展開の不透明さや時間軸の長さにより、一人のビジネスパーソンにとっては全体像を捉えにくく、理解しづらい難テーマでもあります。この複雑な課題について、政府、企業、アカデミア等の方々と多くの議論を重ねる中で、企業の取り組みを進めるためにはごくシンプルな「3つの問い」に改めて立ち戻ることが重要であると私たちは考えます。

問い① なぜ今、カーボンニュートラルに向けて本気で取り組まねばならないのか
問い② カーボンニュートラルに向けて、企業はどのような取り組みをする必要があるのか
問い③ カーボンニュートラルの取り組みを成功させるには、どのようなことに注意すべきか

本書ではこの3つの問いに沿いながら、各国のダイナミクスの中で日本/日本企業がこのテーマにどう対峙するべきか、ヒントを提示するとともに、企業が描くカーボンニュートラルへのロードマップを3つのステップ、10の取り組みに分け、事例をまじえて解説しています。

主な内容:

第1章 なぜ今、「カーボンニュートラル経営」なのか
1-1 カーボンニュートラルとは何か
1-2 なぜ今、カーボンニュートラルが必要とされているのか
1-3 どのような枠組みで推進しているのか
1-4 カーボンニュートラルは世界全体で実現可能なのか
1-5 各国はカーボンニュートラルを本当に推進するのか
1-6 カーボンニュートラルは日本にとって実現可能なのか
1-7 日本は、カーボンニュートラルにどう対峙すべきか

第2章 「カーボンニュートラル経営」とは
2-1 企業は全体として何を行う必要があるか
2-2 ステップ1 準備をする
2-3 ステップ2 戦略を定める
2-4 ステップ3 着実に推進し、成果を示す

第3章 カーボンニュートラル経営の要諦
3-1 カーボンニュートラル達成を難しくする3つの特性
3-2 カーボンニュートラル推進に向けた7つの要諦

(日経BP)

こちらからご購入いただけます

社会貢献、サステナビリティ