Choose your location to get a site experience tailored for you.

Remember my region and language settings
デジタルラーニングを活用する

デジタルラーニングを活用する

高等教育でデジタルテクノロジーを活用して学生の教育へのアクセス、学生の成績、および教育機関に対する投資収益を向上させる方法とは? アリゾナ州立大学財団とBCGがビル&メリンダ・ゲイツ財団の協力を得て実施した新しい調査では、主要な大学およびコミュニティ・カレッジ6校の優れたデジタル戦略を明らかにすることによって、この質問に答えています。

教育の未来

わたしたちは今、世界的な学習危機に直面しています。将来の学習のあるべき姿は、テクノロジーの進化や不平等の拡大などのマクロ要因により形作られていきます。学習する人々のニーズに応え、将来の職場での活用に備えるには、世界の教育における「あるべき姿」とのギャップを埋める必要があります。

詳細はこちら(英文)

Seema Bansal

破綻した教育システムを、追加支出なしでどう立て直すか

Seema Bansalは、2020年までにインドのハリヤーナー州の子供の80%が学年相応の知識を身につけるという野心的な目標を掲げ、同州にある15,000校を対象とした公教育改革への道を築いています。彼女は、この目標を達成するために、追加資金を投入することなくあらゆる学校で機能する創造的でシンプルな改革を模索しています。

オンライン学習者の5つのタイプ

現代の学生は、オンライン教育に対して多様な期待とニーズを抱いています。この動向を認識し、オンライン教育業界の熾烈化する競争に対応しなければ、教育機関は適切な評価とマーケットシェアを失うリスクにさらされます。一方、うまく適応した教育機関は、巨大な未開の成長機会、変革に向けた新しいプラットフォーム、次の世代の学生の学習方法の変革の可能性を見出すでしょう。

1) 本格的な利用者タイプ

授業の大部分をオンラインで受講し、オンライン学習への満足度が最も高い学生

2) 経験を求めるタイプ

オンライン学習により、社会面、情操面で得られることを重視し、学位が取得できれば学習の形態にこだわらない学生

3) 先入観を持たないタイプ

希望する高い水準を満たし、従来の教室型の学習より高い効果が得られれば、オンライン学習の本格的な利用者になる学生

4) 費用対効果を重視するタイプ

オンライン学習の費用対効果の高さが主な動機になっており、オンライン学習を経験の場としてより、お得な機会と捉えている学生

5) オンライン学習に否定的なタイプ

オンラインコースを試したことがあるが、オンラインプログラムの質、成果、評判に問題があると判断し、今後は利用しないと決めた学生

教育の未来は仕事の未来を見すえて

最近の学卒者は仕事への備えができていないという不満を多くの企業が漏らしています。教育システムは、学生に将来の仕事に必要なスキルを提供するために何に注力する必要があるかについて、BCGのシニア・パートナー、J Puckettが説明します。

高等教育に関わるメガトレンド

高等教育の定義そのものが著しく進化しています。大学幹部は21世紀の高等教育の新たな現実に適応していく必要があります。

詳細はこちら(英文)

中東で教育制度を改善する

ドバイ・オフィスのパートナー、Lelia Hoteiit は、「教育システムの改善には時間がかかる。全般的な学習環境とともに、教員、リソース、カリキュラム、教育スキームの質を向上させていかなければならない」と語ります。政府が早期の改善を望むのであれば、企業からの支援を求め、労働市場における重要性の高いスキルに焦点を合わせること、高い教育投資の効果が望めるベストプラクティスを早期に確立することが必要だと解説します。

K-12教育(幼稚園から高校卒業までの教育)における、民間企業と教育機関のパートナーシップに関する調査

民間企業はK-12教育の向上に独自の役割を果たす可能性を持っています。民間企業とK12教育機関のパートナーシップについてのベストプラクティスをご紹介します。

詳細はこちら(英文)
protected by reCaptcha

Subscribe to our Education eAlert.

教育

SUBSCRIBE

JA