Change Management Hero

チェンジマネジメントの難しさを乗り越える

組織変革プロジェクトの約半数は目標を達成できていません。特に大規模トランスフォーメーション・プログラムでは、失敗率が75%にのぼっています。BCGはクライアントがこうした難しさを乗り越えて変革を実現できるよう支援します。

チェンジマネジメント(特に全社的なトランスフォーメーションに際しての)に優れた企業は、成長促進、株主価値向上、イノベーション推進などきわめて大きな成果を達成できます。同様に重要なのが、チェンジマネジメント能力を高めることで、新たに生じた機会や課題に応じた自社の根本的改革を継続できるようになることです。そうした適応能力が大きな競争優位性となるのです。

しかし、よく見られる障害――特に、明確な目標やマイルストーンの欠如、経営幹部のコミットメント不足――が多くの企業で組織変革のアートの習得を妨げています。これらの障害を避けるために、BCGはクライアントのチェンジマネジメント戦略策定のお手伝いをします。

BCGによるチェンジマネジメント能力向上支援のアプローチ

BCGのチェンジマネジメントに精通したコンサルタントは、世界各地でさまざまな業界のクライアントに対してトランスフォーメーション・プログラムのパフォーマンスを大幅に向上できるよう支援してきました。

チェンジマネジメントの4つの必須条件

クライアントがこのような成果を得られるよう、私たちは独自のアプローチをとっています。まず、クライアントがチェンジマネジメントの4つの必須条件(下図参照)を満たせるよう支援します。そして、科学に基づいた包括的なチェンジマネジメント・アプローチをとり、BCG独自のチェンジマネジメント・ツールも活用します。さらに、戦略的変革の実現を主眼とするユニークな連合体を通じて広範な知見や教育プログラムなども提供します。

いかなる組織変革プログラムも、その成功は4つの必須条件を満たせるかどうかにかかっています。私たちは、クライアントがこれらを満たせるよう、トランスフォーメーションのライフサイクルの中で展開される3つのジャーニー――リーダー、プログラム、従業員――にそって支援します。

科学に基づいた包括的なチェンジマネジメント・アプローチ

BCGのチェンジマネジメント・アプローチは行動科学に深く根付いており、人間がどのように選択を行い、建設的な習慣を身につけるかに関する心理学、認知科学、社会学からの洞察を取り入れています。BCG独自の「スマートシンプリシティ」手法により、どうしたら大幅なパフォーマンス改善実現のために必要となる行動を促進する組織コンテクスト(文脈、背景)を形作ることができるかをクライアントに示します。

BCGはALMインテリジェンスによるコミュニケーション&チェンジマネジメント・コンサルティング提供企業の世界ランキングでトップに選出されましたが、このスマートシンプリシティ手法がその理由の一つです。

ALMインテリジェンスはまた、BCGのチェンジマネジメントの包括的アプローチも選出理由としてあげ、次のように評しています。「フレームワーク、ソリューション、サービスの補完的ポートフォリオは、BCGの特徴である科学的厳密性・専門性に根ざしており……リーダー、チーム、個人が職場で主体性とパーパス(存在意義)をもって行動できる(よう支援する)」

BCG独自のチェンジマネジメント・ツール

BCGのチェンジマネジメント手法は、上述の3つのチェンジマネジメント・ジャーニーにわたりクライアントを支援するための一連の実績豊富な独自ツールを備えています。

  • トランスフォーメーション・チェック: クライアントの経営リーダーとのインタビューを基にトランスフォーメーション全体のライフサイクルの中での変革ジャーニーの各要素を評価し、クライアントがさまざまな業界・地域でトランスフォーメーションがどのように推進されているかを理解する助けとなります。
  • アメジスト: 成功する変革の持続に不可欠な新しい行動を促すためのパーソナルコーチとして機能するモバイル・アプリです。
  • 煩雑性サーベイ: 8つの側面での診断により煩雑性に起因する組織の問題点を特定します。
  • Absorb: 変革の組織への効果を測定し、クライアントが従業員の新しい行動や働き方への変容を支援できるようにします。
  • Ready, Willing, Able (RWA): 変革プログラムの初期に使われる、組織の変革の受容力や潜在的可能性を評価する基本的診断ツールです。
  • DICE: それぞれの変革プロジェクトの成功の可能性を診断します。
  • Rigor Test : クライアントが変革プログラムを実行する前に次のようなことを確認するための一連の問いです――各プロジェクトのロードマップには重要なリスクや相互依存性が示されているか、変革の財務やオペレーション面の効果を測る主要KPI(重要業績評価指標)が定義されているか、それらのKPIとマイルストーン、目標がリンクしているか。
  • Key by BCG: パフォーマンス目標の設定やチームがそれを達成するための能力向上という課題に取り組むパフォーマンス・マネジメント・アプローチです。
  • インパクト・センター: 組織が透明性高く変革を推進し迅速に実現するためのスペースを提供するリアルあるいはデジタルな部屋です。

ブライトライン・イニシアチブ: 戦略の策定と実行のギャップを埋める

ブライトライン・イニシアチブは、戦略の策定と実行の間のギャップを埋められるよう組織を支援する非営利連合体です。このイニシアチブは、BCGフェロー・プログラムに端を発した米国プロジェクトマネジメント協会(PMI)とBCGのパートナーシップの結果として設立され、大規模な戦略的プロジェクトの成功確率を上げ、強力な価値創造や競争優位性構築につなげることを主眼としています。

チェンジマネジメント領域のエキスパート

Reinhard Messenböck

The Critical Role of Change Management in Large Scale Transformation

Michael Lutz

The Key CTO Competencies to Steer and Manage a Transformation


チェンジマネジメント領域でのBCGのクライアント支援事例

チェンジマネジメントに関するBCGの論考など

Are You Ready to Transform?

Change is hard, but readiness is all. Companies prepared to manage the leader, people, and program journeys can double their chances of success.

protected by reCaptcha

Subscribe to our Transformation eAlert.

protected by reCaptcha

Subscribe to our Change Management eAlert.

Change Management

SUBSCRIBE