ai-at-scale-hero.jpg

AIとAI at Scale

AIの拡大展開により大きな競争優位性を生み出すことができますが、最先端のテクノロジーやアルゴリズムに投資するだけでは不十分です。価値を引き出すには意思決定とオペレーションを再構築する必要があり、根付かせるには人間の組織能力に投資する必要があります。BCGでは、これをAI at scale(AI @ scale)と呼んでいます。

AI@Scale(AIの拡大展開)のパイオニア(企業全体にAIを拡大展開し、その投資から有意義な価値を実現した企業)はたいてい、AI投資の10%をアルゴリズムに、20%をテクノロジーに、70%をビジネスプロセスとアジャイルな働き方へのAIの組み込みに充てています。つまり、これらの組織では、テクノロジーへの投資の2倍を人材やプロセスに投入しているのです。

人材やプロセスへの投資が不十分な企業は、AI導入の機運をすぐに失ってしまいます。こうしたことが起こるのは、一連のAI@Scaleのパイロットをうまく立ち上げるのは一見簡単に思えるからです。チェンジマネジメント戦略への適切なアプローチと注力がなければ、企業全体でAI@Scaleを実現することはほぼ不可能です。


AIとの関係を最大限に活用する

マシンから大きな財務的利益を得るためには、企業は自動化にとどまらず、学習と組織のトランスフォーメーションに注力する必要があります。共生の関係が必要です。そこでは、企業は、人間が既に知っていることをマシンに教え込むだけではなく、各状況で求められる人間とマシンの間の相互作用を展開し、コンテクスト、環境、シナリオの変化に応じて適応させていくのです。

BCGのAIプロダクト

BCGのAI領域エキスパートのクライアントとの協働のしかた

BCGのAIコンサルティングチームと業界エキスパートは、クライアントが全社的トランスフォーメーションを推進してAIのROI(投資対効果)を得るための幅広い専門知識を身につけられるようにします。BCGのAI @ Scaleアプローチは、何百ものクライアント支援経験から得られた学びに基づいて構築されたもので、大きな視野で考え、小さく始め、急速に成長させることを原則としています。このフレームワークを用いて、企業は自社のAIのROIを迅速に達成し、結果を年単位ではなく数週間あるいは数か月で実現することができます。

大きな視野で考える

小さく始める

急速に成長させる

AIに関するBCGのクライアント支援事例

H&Mでは、AIとはAmplified Intelligence(増幅された知性)を意味する

H&Mグループの元チーフ・データ&アナリティクス・オフィサーで現在BCG GAMMAのディレクター&パートナーのArti Zeighamiが、H&Mがどのようにしてわずか3年でデジタル化の出遅れ組からAI業界のリーダーになったかを解説します。

The Forrester Wave™: AI Service Providers

An Artificial Intelligence Services Leader

BCG was named a leader in AI service provider in Q4 2022 in The Forrester Wave™: AI Service Providers, Q4 2022. Find out why.


AI at Scaleに関する論考など

AI エキスパート

BCGのAIコンサルティングチームと業界エキスパートは、クライアントが全社的トランスフォーメーションを推進するための幅広い専門知識を身につけられるようにします。BCGのAI戦略およびAI @ Scaleのエキスパートの一部をご紹介します。

bcg-gamma-tcm9-224957.jpg

BCG GAMMA

応用データサイエンスと先端テクノロジーを活用して事業を成長させます。

protected by reCaptcha

Tech + Us: Monthly insights for harnessing the full potential of AI and tech.

SUBSCRIBE